Adsense

2015年9月10日木曜日

直久のつけ麺、想像以上に美味

この日も午後から社外で研修、昼休みも仕事して、出先に行きがてら1人でランチを食べることに。
 
時間に余裕がある訳でも無かったので、サクッと食べられるのはラーメン。だったらということで、「直久」に入ってみました。
 
今日も外は暑いし、移動中に汗をかきそうだな。
温かいものは避けるとすると…
そうだ、たまにはつけ麺を食べてみよう。
 
ラーメンは好きなんですけど、つけ麺を食べることはまず無いんですよね。
 
中途半端に味が薄くて、中途半端にぬるいつけ汁。
中華麺をつける意味がわからず、普通のラーメンの方がよっぽど美味なのかなと。
 
お、きたきた、つけ麺680円。
前回食べたのがいつなのか、全く記憶が無いぐらい久しぶり。
 
麺は中太、手打ち風なんでしょう。
早速つけ汁に入れてズルッとすすってみると、お、結構美味いじゃないか。
 
醤油味、和風のシンプルなつけ汁ですけど、程よく味がついていて、麺にも程よく絡んでなかなかの美味。
ネギの風味もよく合っています。
 
麺は1.5皿分あって、そこそこお腹にも溜まるもの。
 
おっと、具を忘れるところだった。
 
どのタイミングで何分くらい入れると良いのかがさっぱりわからず、麺を1/4ぐらい入れたところで焼豚とメンマ。
半分食べたところで残りをバサッとつけ汁に入れてみました。
 
麺ほどの感動はないにせよ、焼豚も半熟卵もつけ汁をくぐらせると旨味が増します。
意外や意外、直久のつけ麺はなかなかの美味でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿