Adsense

2014年9月21日日曜日

ハゼを数多く釣るには

3連休2日目、この日は気合を入れてのボート釣り。 本当は富津までイイダコ釣りにと思っていたんですけど、遊漁船の釣果を見ていると今一つ。 よし、それならば徹底的にハゼを釣るぞと、前日と同じ江戸川放水路に行くことにしました。
マリーナ到着は朝7:30頃。 近くのデイリーヤマザキで肉じゃがコロッケ3連装のデッカいパンを購入して、気合を入れて、よしっ釣るぞ。
前日の荒れた海が嘘のように穏やか。 天気も良くて雨の心配もなし、絶好の釣り日和です。
まずはマリーナを出てすぐのところで、シーバスがいないかとルアーで探ります。 境川までちょこちょこチェックしていきましたけど、時々跳ねるのはボラばかり。 シーバスはまだこれからのお楽しみですね。
諦めて江戸川放水路に向かう途中、いきなり空に無数の黒点…? あ、こりゃ鳥だ。 何という鳥だか知りませんけど、数がまぁ半端じゃないこと。 行徳の鴨場あたりから飛んできて、そのまま房総方面に真っしぐらです。 墨が水の上を流れるようで綺麗なもの。 ボートを停めて、しばし見入ってしまいました。
江戸川放水路に到着。 この日も手漕ぎボートが多数です。 皆さん、思い思いにのんびりと釣り。 何と平和な光景でしょう。
さて釣果はというと… 食わない時間帯もあったんですけどね。 小ハゼばかりとはいえ結果は上々だったのは、釣り方のパターンを掴んだから。
2本竿で、一本は手長海老用の小さな針、イソメを小さ〜く付けておいて置き竿にしたんです。 針が小さいので、小さいハゼでも針掛かり。 大きいハゼでも、無理に合わせないので確実に掛かってくれるんです。 もう一本は手持ち。 ちょっとハゼ用の針を付けて、誘って食わせて釣り上げる。 時々置き竿をチェックすると、ほぼ毎回着実に釣れていたんですよね。 この釣り方で後半はバンバン。 帰り際は連釣状態で、飽きたのでもう止めようと思ったほどでした。 いや〜、楽しかった。 釣った〜という感覚は久々、素晴らしい日曜日でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿