Adsense

2017年7月8日土曜日

【グルメ】東京でも名古屋の味、味仙の台湾ラーメン

神田でのランチ、何気なく西口商店街の端まで歩いて店を物色していると…
お、味仙の黄色い看板!
 
1号店が神田北口に、最初は激混みだったが最近は落ち着いてきた。
そして2号店もできたんだと会社の人に聞いていたんですけど、まさかこんなところにあったとは。
 
 
見つけたからには入るしかない。
2階の店舗内に足を踏み入れると…
 
あれ、お客さんが少ないな。
名古屋ではどの店も混んでいるのに、空席8割というのはどういうことだろう。
 
ランチには少し早い11:40前だったからでしょうかね。
食べ終わって出た12:00頃には8割方埋まってましたので、早い時間に行くのがコツのようです。
 
 
このお店、ランチは1,000円の定食中心なんです。
今回頼んだのは台湾ラーメンとチャーハンのセット、味仙にしちゃ強気価格設定だなと思いつつ、あの台湾ラーメンを手近に食べられるなら1,000円は高くないぞ。
 
ん。
もしかして、この価格設定も空いている原因の一つなんですかね。
 
台湾ラーメン到着。
よ~し、頂きま~す。
 
まずはスープから。
 
む~、この辛さ、たまらんですな。
ニンニクの香りがたっぷり、奥深い辛さが喉から胃への経路を刺激してくれます。
 
麺をズズッと。
う~、辛いけど旨い。
 
麺の味云々ではなく、食感から辛さが体内に入ってくるんですよね。
挽肉の絡まり具合もいいし、ニラもかろうじて味を感じる程度、でもこれが味仙なんです。
 
 
何口目かに、いきなり喉が苦しいぞ…
気管に辛さが入った様子、息ができない…
 
一先ず水をガンガン飲んだらおさまりましたけど、十分に喉を湿らせて食べないと危ない、危ない。
 
 
喉を落ち着けるため、チャーハンを食べよう。
むむ、辛さに麻痺した舌でも、飯の美味しさが伝わってきます。
 
インパクトはない味…いや感じないだけなのかな…
でありながらも、台湾ラーメンにはよく合っています。
 
 
再び台湾ラーメンの辛さに。
そしてチャーハンで箸休め、この繰り返しに満足、大満足。
 
麺が若干固まり気味、店員さんの愛想がないなど細かい不具合は全て台湾ラーメンが補ってくれて余りあり。
これはまた行くしかないぞ。
 
 
郭 政良 味仙 東京神田西口
03-3526-2706
東京都千代田区内神田3-7-4 香文堂ビル
・JR神田駅西口から徒歩1分
営業時間 月~土11:00~23:30、日・祝11:00~22:30
無休
 

0 件のコメント:

コメントを投稿