Adsense

2017年5月1日月曜日

【旅行・グルメ】ついつい食べ過ぎ、グルメ旅館の朝食バイキング

再び金沢・富山旅行の記事に戻ってと。
残り4本、お付き合いください。
 
 
宿泊した「つるぎ恋月」は夕食が美味しかったので、朝食にもちょっと期待。
まぁバイキングなので、よくある簡単な料理、洋食中心で品数も限定かと思いきや…
 
お、何だこれ。
入り口近くにいきなりインパクトのある料理。
 
昆布〆と書いてあって、甘エビの昆布締め。
見るからに美味しそうなので、これは3つゲットしておこう。
 
洋食は申し訳程度にしかなくて、和食を食えと言わんばかりの圧倒的な量の違い。
お米の美味しい富山だから、これは和食にするしかないでしょう。
 
で、気に向くままに取ってきた料理がこれ。
ご飯は控えめに、でもおかずは皆美味しそうなので、置いてあった種類の半分ぐらいを少しずつ盛ってみました。
 
朝から食べ過ぎかな、まぁいいや。
さて、頂きま~す。
 
味の薄いものからということで、まずは大根と湯豆腐。
うん、何でシンプルな大根の煮物と湯豆腐がこんなに美味しいんだろう。
 
連日の飽食のせい?
いや、水の美味しさなんでしょうね。
 
 
いくつかおかずを平らげてからノドグロの干物に。
これは単なる干物で、ノドグロの脂は感じずです。
 
でもカレイの干物は独特の旨味があって、ご飯が進むいい風味。
絶品だったのが黒作りで、要はイカの塩辛にイカ墨を加えて塩味を強くしたものです。
 
これを酒のツマミにしたらさぞかし美味しいだろうなぁ。
もちろんご飯にもよく合っていて、少量にしたのを後悔する勢いで無くなりました。
 
ご飯を少なくしておいたのは、最後にこれを食べたかったからなんですよね。
昨日食べそびれた富山ブラック、しっかりと朝食バイキングにあったんです。
 
自分で調味するのでオリジナルに近いかどうかもわからずですけど…
胡椒を効かせると聞いたのでそうしたら、うん、旨辛さがいい。
 
味が濃いので好き嫌いは分かれるでしょうけど、労働者風の濃い味、たまらないです。
 
 
朝食バイキングでここまで旨いと感じたのは、箱根プリンスぐらいじゃないかな。
つるぎ恋月、売りにしているだけあって、食に関しても大満足でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿