Adsense

2017年5月26日金曜日

【グルメ】地元の高評価イタリアン、雲丹パスタが素晴らしい

墓参りに行った後、原木中山にあるイタリアンの「アムール」へ。
 
ここには過去2回ほど来たことがあったかな。
食べログ評価をみると3.5以上と、いつの間にやら評価の高い店になっていたようです。
 
今回はスペシャルコース、昼からボリューム感たっぷりでした。
 
まずは前菜3種。
 
スモークサーモンは普通かな。
ハムとローストポークは妙に凝らずに自然な味、いずれも美味でした。
 
あ、そうだ、サラダが先に来ていたんだった。
ドレッシングにコクがあって、野菜の味が引き立ってます。
 
パンは2種。
いずれも重すぎず、料理に合わせやすい。
 
カボチャの冷製スープ。
暑くなる季節、なかなかいい配慮です。
 
雲丹のクリームパスタ、これが美味いんですよ。
 
麺は生でムッチムチ、生クリームがしっとりと絡まっていて、少量でも濃厚な味です。
試しに多めに口に放り込んでみると、うわ~、コクのある旨味に圧倒されるなぁ。
 
雲丹の味は感じないものの、生クリームの味を引き立てているんでしょうね。
 
時々若干味が濃い気がするのは、イクラを食べた時。
ほとんど存在感ないんですけど、それだけ濃厚なクリームというのが逆にこのパスタの特徴なんだと思います。
 
メインはポークソテー。
結構お腹がいっぱいなので普通に感じたものの、いい焼き加減の美味しい肉でした。
 
付け合わせの野菜が目立ったのは、心地よい苦味を感じられること。
もちろん甘みが基本なんですけど、後味にしっかりと、微かな苦味が残るんです。
 
素材なんだろうか、大人の味を楽しむことができるんですよね。
 
デザートも5種とボリュームたっぷり。
さすがに食べ切れず同席者に食べてもらいましたけど、焼き菓子が口をさっぱりさせてくれる役割のようでした。
 
ネットにも書いてありましたけど、店員さんが若くて今一つ慣れていない様子。
とはいえ、笑顔で一生懸命やっているのでまぁいいじゃないですか。
 
それよりも、こんな場所にこの味という意外さを楽しみたいお店なんですよね。
また機会があったら利用させて頂くことにします。
 
 
047-711-2211
千葉県市川市田尻3-11-15
営業時間 ランチ11:30~15:00 、カフェ 15:00~18:00 、ディナー 18:00~22:00(金・土・祝前日は23:00)
定休日 月(祝日は営業、翌日休み)
 

2017年5月25日木曜日

【グルメ】コストコのお惣菜、そこそこハイレベルな味

とある休日、この日はコストコに買い物へ。
 
幕張本郷店は家から車で30分弱、9:15に出れば公式開店時間の10:00より前に着くことができるだろう。
そう思っていたら途中の渋滞がかなりひどくて、結局は1時間以上かかっての到着でした。
 
駐車場もいっぱい、屋上フロアしか空いておらず。
コストコはやはり人気があるんですね。
 
ここに来るだけで喉が渇いたぞと、自動販売機で水を買おうとすると…
え、1本30円とは安い!
 
さすがコストコと購入してラベルをよく見ると…
え、水道水!
 
そう知ると、決して安くないですよね。
水道水って、一体どこの水道水なんでしょう。
 
今回もいろいろ買いましたけど、毎回気になるのがこの物置。
最も大きいものはプレファブの部屋並の広さがあって、値段は10万円です。
 
まぁ家に置くスペースは無いんですけどね。
逆にスペースがあったら買ってしまいそうなほど、危険な魅力に満ち溢れています(笑)
 
ランチ用にと買ったメキシカン・サラダ・ラップ。
 
メキシカンというだけあって、そこそこ辛いんですよ。
その源はハラペーニョ、トマトのフレッシュな酸味、甘く味付けられた鶏肉と口の中で混ざると複雑な味わい。
ジャンキーながら、こりゃ結構美味いぞ。
 
そして同じくランチ用、キヌア・チキン・サラダ。
 
ところでキヌアって何だ?
数年前から流行っているスーパーフードの一種、南米アンデス山脈で栽培されている雑穀なんだとか。
 
味はというと、う~ん、よくわからないや。
外見に騙されて、炒飯のような味がする気が…いや、キュウリの味が少し濃いかな。
 
とは言っても、決して不味いものではなし。
健康にもいいんならまぁいいじゃないですか。
 
 
DSC_2351
そして夕食で食べたのがこの海鮮ちらし鮨、これがまた美味いんですよ。
 
イクラにとびっ子、サーモンに真鯛、そして甘エビにイカ。
ご飯にも甘みがあるし、刺身がどれも旨味が強くて美味しいこと。
 
グルタミン酸を加えているんじゃないかと思うほど旨味が強くて、北海道物産展で買うような満足感たっぷりの海鮮ちらし。
こりゃなかなか見事なものです。
 
昼晩と続けてコストコでも十分、いや~、コストコって凄いな。
改めてお勧めするまでもないでしょうけど、買い物ついでにコストコの主菜・惣菜も。
 

2017年5月24日水曜日

【グルメ】意外な場所に安さと美味しさ両立の餃子店

下志津駐屯地を後にして、都賀駅方面に歩いて15分ちょっと。
 
目指すは佐倉街道沿いにある「並木商事GRANDE」、地元で人気のある餃子屋さんのようです。
このお店の前は通ったことあるはずなんだけど、全然気付かなかったんですよね。
 
今回はたまたま食べログで発見。
どれどれ、餃子はどんだけ美味しいんだろう。
 
 
入り口に券売機があるんですけど、難しい名前のメニューが多数。
常連さんしかわからんだろうな~と話していたら、冊子のメニューを準備中なんですと店員さんが申し訳なさそうに。
お客さんの意見を素直に聞いてくれるのは好印象ですね。
 
その餃子がこれ、確か330円だっけ。
意外に小ぶり、ごく普通の見た目ですね。
 
中身も見た目は普通、でもニンニクが効いていて味はバッチリ。
ジュワッとした熱さもいい感じで、オーソドックスな美味しさを追求した一品と言えるでしょう。
 
餃子といえばビール、両者の組み合わせがまたいいんですよ。
思わず餃子を2皿、ビールも2杯進みました。
 
〆にと追加したスキレット炒飯。
 
飯の焦げが絶妙なのはさすがスキレット、280円というお手軽さもまた素晴らしい。
焼豚とザーサイを混ぜ合わせると至福の味、こりゃ麺や定食もきっと美味いんだろうなと。
 
なるほど、地元人気店というのがよくわかります。
千葉より先の都賀駅、しかも駅から歩くと10分以上かかるので、わざわざ食べに行くのは難しいでしょう。
 
とはいえ、もし近くに行く機会があればお勧め。
次に下志津駐屯地つつじ祭りに来る時は、このお店でのランチに決定。
 
 
並木商事グランデ
043-304-2106(予約不可)
千葉県千葉市若葉区若松531-200
営業時間 11:30~22:00
年中無休
 

2017年5月23日火曜日

【ミリタリー】首都防空の要諦、下志津駐屯地の戦闘訓練

下志津駐屯地の戦闘訓練展示、高射特科群なので迫力は今一つながら、それほど混んでいないこと、間近で観ることができることがポイント。
今回もゆったりと楽しんできました。
 
まずは開始直後、87AWの突進です。
 
昨年まではすぐ横で観ることができたんですけど、今年そのエリアは最新式レーダーのJTPS-P25に占領されていて入れず。
あの音と地面の振動、良かったんですけどねぇ。
 
対空レーダーの設置、テキパキと素早い動作も写真になってしまうと長閑な雰囲気。
実戦では、いつ攻撃されるかもわからない状況であるはずです。
 
あ、敵の偵察機…という設定のLR-2。
高速で上空を飛び去っていきます。
 
敵機来襲、迎撃!という設定。
赤い模型が木っ端微塵に吹き飛ぶものの、何故かほのぼの可愛らしい。
 
味方陸上部隊が上陸、まずは偵察バイクが武力偵察。
速くて格好いいぞ。
 
お、コブラが近づいてきた!
何と、観ている場所の上空でホバリング。
 
土埃が舞うは、枯葉が飛び散るはで周囲は半パニック状態。
シャッターチャンスとばかりに撮っていたら、枯葉がいくつか髪の毛に絡まっていました…
 
装甲車が機関砲を撃ちながら突進!
空砲ながらも、近くで撃つので音がデカくて少々びっくり。
 
突撃する自衛官…あれっ、奥のつつじの中に見物客が…
機関砲や小銃を自分に向かってバンバン撃たれて、怖くないんですかね。
 
コブラも機関砲をグリングリン動かしてます。
地上部隊に合わせて、コブラも一気に突撃!
 
人の動きが激しくなって、敵陣地を制圧完了。
 
ってな感じですけど、今回は間近にあったスピーカーの調子が悪く、音が途切れ途切れ。
細かい部分はよくわからなかったものの、例年通り楽しませてもらいました。
 

2017年5月22日月曜日

【ミリタリー】下志津駐屯地、間近に迫る87AW

例年、緑の日は下志津駐屯地つつじ祭り。
ここ数年は毎年行っっているイベント、今年も87式自走高射機関砲(87AW)を観に行ってきました。
 
スタンド席を諦めれば、あまり早く行っても仕方ない。
今年は10:00に都賀駅、駐屯地には10:30過ぎに入るというのんびりさ。
 
着いた頃には式典が始まっていて、部隊長訓示、国会議員のお話。
まずは装甲車の試乗の列に行ってみましたけど、定員はわずか72人、当然ながら既に締め切っていました。
 
観閲行進までの時間、資料館でも見てと。
再び演習場に戻ってくると、お、エンジン音が鳴り響いているぞ。
 
車列が動きだしていますね。
演習場外ながらも、入場口すぐ手前、全ての車輌が目の前を通過していくという絶好のポジション。
 
高射特科群をはじめ、様々車輌が通過していきます。
正面奥から、一際大きなエンジン音が響き渡っているのは…
 
おぉ、きたきた、装甲車に続いて87AW3台。
キャタピラの地響きをたてながら、車高もあるので目立つことこの上なし。
 
さすがは兵器、こちらに向かってくる姿に迫力があって、恐怖感すら感じます。
演習場に向かってのターン、一度軽く反対に切ってから曲がるのは、この位置から観て初めて知りました。
 
観閲行進の後は戦闘訓練展示、その様子はまた別の記事に書くとしてと。
終了後に演習場に入って、訓練参加車輌を見物です。
 
まずは93式近SAM。
SAMとはSurface-to-Air Missileの略で、そのまんま地対空ミサイル。
 
距離別に近、短、中とあって、有効射程は5km~50km。
近SAMは最も短距離を担当、この車輌1台、3名で完結したシステムとして機能します。
 
デモンストレーションも見ましたけど、動きは迅速。
班長目視方向に発射台が向くようリモートコントロールすることも可能でした。
 
段ボールで作られた近SAMくん…だっけかな。
発射台の動きに合わせて動いてくれて、子供には人気のマスコットでした。
 
 
下志津のメイン、87AWの動作は動画にて。
大きな車体が派手に動くので、歓声もまた一際です。
 
マスコットはこちらにも。
お母さんや子供に人気なんですけど、小さい子はこの姿を見て泣くんですよ。
 
そんな様子を眺めながら、ほのぼのとした展示を楽しむことができました。
さて、明日は戦闘訓練展示についてアップします。
 

2017年5月21日日曜日

【男の料理】いつもより品数増やしてツマミまで

週末の料理、今週は5品。
 
まずは作り置き、豚もも肉の野菜巻きです。
脂身が比較的少ないので、野菜で個性を出そうと、定番の人参に加えてピーマンと白菜を入れてみました。
 
ピーマンのほんのり苦味、白菜のシャキシャキ感は狙い通り。
代わりにセロリを巻いても面白そうです。
 
鶏ササミのげんこつ焼き。
 
ササミを6等分に、玉ねぎと調味料を加えて暫く冷蔵庫で寝かしてと。
しんなりしたら大きめの一口大にまとめて、片栗粉で固めます。
フライパンで両面焼いて、ポン酢や味醂で蒸し焼きにすると完成です。
 
ササミなのでさっぱりヘルシー。
表面にはしっかり味があって、中は玉ねぎの甘みもあってしっとり。
これはなかなか面白い味に仕上がります。
 
お次は酒のツマミ、タコとほうれん草のガーリック炒め。
アヒージョの要領で調理したタコに茹でほうれん草を加えたものです。
 
タコが固くならないよう調理時間を短くしたんですけど、それでもちょっと火を入れ過ぎたかな。
これはこれで、歯応えがあって美味しかったんですけどね。
 
刺身の端切れを買ってきて、漬けとなめろうに。
元が同じ食材だと思えないほど見た目が異なりますね。
 
どちらもオーソドックスな味ながら、ご飯が進む味の濃さ。
値段も安いお手頃な料理です。
 
ラストは人参と大根のカレー風味。
大根は刺身のツマを利用しました。
 
いつも勿体無いと思うツマ、でも生臭さが残って美味しくないんですよね。
 
カレーで味をつければごまかせるかとやってみたところ、見事に生臭さは消えてくれました。
切り干し大根の代わりにツマを使ったようなものですかね。
 
 
今回は一手間かかるものがあったので想定以上に時間がかかってしまいましたけど、料理はやっぱり楽しいもの。
さて、次は何を作ろうかな。
 

2017年5月20日土曜日

【グルメ】ずっしりと重くて美味、崎陽軒のシウマイ弁当

この日は朝から一日中横浜に行っていたので、夕ご飯を作る時間はなし。
だったら何か買っていこう、横浜といえば、そう、崎陽軒のシウマイですよね。
 
これまで通りはシウマイの詰め合わせしか買ったことなかったですけど、桜木町の店をみるとシウマイ弁当なるものが。
これは一度食べてみたくなる一品です。
 
パッケージは小さいながらも、実はズッシリと重いんです。
何が入っているのか、お弁当箱を開けるのは何時でも楽しいもの。
 
お~、これがシウマイ弁当か。
メインのシウマイは5つも入っている。
 
唐揚げに卵焼き、蒲鉾にマグロ竜田揚げ。
筍煮付けに香の物という構成です。
 
御飯もギッシリ詰まっていて、これが重さの源なんですね。
さ~て、頂きます。
 
まずはシウマイから。
 
崎陽軒のシウマイは小粒ながらも肉の密度が高くて、甘味もあるのが特徴ですね。
見た目からの想像以上の味、噛みながら御飯を口に放り込むとたまらない美味しさ。
 
唐揚げやマグロ竜田揚げは少々味が濃い目。
とはいえ、御飯に合わせるには丁度いいんです。
 
そしてまたシウマイをパクッと、筍煮付けや卵焼きで一休み。
そんな繰り返しで、あっという間に完食です。
 
足りなかったらとシウマイを別パックで買ってきましたけど、そんなもの必要ない充実感。
これで830円はお得だと思いますよ。
 
 
崎陽軒のシウマイって何でこんなに美味しいんだろうと調べたら、豚肉だけでなく乾燥ホタテを混ぜてあるからなんだとか。
木製容器も味の秘訣で、原価は30円上がるものの、御飯やシウマイの水分を上手く調整してくれるんだそうです。
 
品切れを起こさないよう横浜本社の工場で生産、売れた分を補充するのと合わせて、売れ残りが出ないよう販売状況をモニタリングしているとのこと。
 
なるほど、原材料や販売管理にこだわりがあってこそのこの味なんですね。
いやぁ、感心、感心。