Adsense

2017年2月5日日曜日

【グルメ】木場の来々軒、今迄食べた餃子でNo.1かも

木場から清澄白河まで、江戸時代の歴史を感じながら歩こうかなと。
まずはランチで腹ごしらえ、東陽町と木場の間にある「来々軒」に入ってみることにしました。
 
 
来々軒というのは、子供の頃に住んでいたところに最も近い中華屋さんの名前と一緒。
懐かしいなと思いつつ、店の混み具合は全く違うんです。
 
日曜日の11:45、それでも食券を買ってからの待ち時間は10分ほど。
平日は大変な混雑なんでしょうね。
 
 
席に案内されて、待っている間に出されるのは野菜炒め。
これは無料サービス、嬉しいじゃないですか。
 
自家製ラー油をかけてと、さて、頂きま~す。
うん、パリッとした食感の野菜、適度なやはらかひゃで…
 
はふはふ。
あふい、うはい。(←熱い、旨い)
 
あ゛~、この熱さがいいんです。
熱々の野菜を楽しんでいると、すぐにラーメンが到着。
 
まずはスープから。
ん、この味は…煮干しかな。
 
シンプル出汁がよくきいたスープ。
薄味ながらも、コッテリ系が流行りの今時にしては珍しい。
うん、これは旨いなぁ。
 
麺にいきましょう。
中細の麺、味は極めて普通。
 
ズズッ、ズズッ。
うん、シンプル出汁の旨味がいきる味わい。
 
具を食べて麺、スープを啜って麺。
焼豚は薄切り、スープの絡みが良くて殊更に美味です。
 
な~んてやっている間に餃子が到着。
とりあえず一口…
 
あふい、あふい(←熱い、熱い)。
こりゃ危険な熱さなので、ラーメンを食べて冷めるのを待ちましょう。
 
いやいや、餃子も熱いうちが華。
我慢して食べると、焼面はパリッ、皮はムチッ、具はジューシー…、あふい!
 
とにかく具がたっぷり、食感豊かな餃子は完成度が高い。
これはもう一度食べに来たい、そう思わせる美味しい餃子でした。
 
ラーメン、餃子、野菜炒めにまたラーメン。
繰り返しくる美味しさ、ラーメン屋さんの真骨頂でした。
 
冒頭にも書きましたけど、お店は東西線の木場と東陽町の中間地点。
木場からの方が若干近いですけど、歩いて5分以上はかかります。
 
それでも客足の絶えない人気店。
一度は行く価値があるでしょうね。
 
 
「旨い餃子の店、わざわざ行く価値あり」
 
来々軒
03-6458-6368(予約不可)
東京都江東区東陽3-21-4 ライオンズマンション 1F
営業時間 10:30-15:00、17:00-20:00
定休日 水曜日/3週目木曜日
 

0 件のコメント:

コメントを投稿