Adsense

2017年2月15日水曜日

【カメラ散歩】源義家に起源、歴史ある世田谷八幡宮

2月のとある土曜日、この日は妹の家で焼き鳥パーティー。
少し早く出て、豪徳寺に寄ってみることにしました。
 
新宿から小田急に。
豪徳寺は各駅停車じゃないと止まらずですけど、どれが各駅停車なのか、停まっている電車が多くてすらよくわからず。
小田急に乗るのは生まれてから数度目、さすがは過密スケジュールで鳴らしているだけのことはあって、乗るのが難しい電車です。
 
豪徳寺駅から商店街を抜けると、世田谷線に遭遇。
長閑な風景で、東京ではないみたい。
 
豪徳寺に行く前にちょっと寄り道、近くの世田谷八幡宮にお参りです。
 
この神社前、後三年の役からの帰路に源義家が雨宿りしたというのが原点。
神社が再興したのは、1546年のことだそうです。
 
鳥居をくぐってすぐ右には厳島神社。
水も流れていて、そこそこ手の込んだ造り。
 
手水舎の龍も凝ってますね。
全く知らない神社でしたけど、敷地も広いし立派だこと。
 
御利益ありそうなので、いろいろお願いしておきました。
立派な神社なのに人の数はそれほど多くもなかったのは、世田谷には大きい神社がたくさんあるからのかな。
 
力石まであって、豪徳寺とセットで巡る観光地としてもっとアピールすればいいのになと。
参拝客増の可能性を秘めた神社、頑張ってほしいものです。
 
 
住所:東京都世田谷区宮坂1-26-3
主祭神:八幡大神、仲哀天皇、神功皇后
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿