Adsense

2017年2月13日月曜日

【男の料理】金目鯛の煮付けをメインに

とある土曜日、朝から新浦安に行く用事があったので、帰りがけに浦安魚市場に。
冬場は金目鯛の季節、勝浦の美味しそうなのがあったので、ちょっと奮発して買ってきました。
 
半身は、当然ながら煮付けに。
甘めの煮汁でコトコトと15分ほど、煮崩れない程度にしっかりと。
 
甘めのタレが脂ののった身に。
金目鯛の旨味を存分に引き出す美味しさでした。
 
旨味のしみた煮汁をたっぷり吸ったネギも美味。
冬場の金目鯛はやっぱり最高の味ですね。
 
半身は刺身に。
皮は湯引きしてあって、刺身の旨味を引き出す補助役に。
 
山葵なんか不要、軽く醤油をくぐらせてと。
ご飯に乗せると最高の美味しさです。
 
真ん中には、スルメイカとネギの酢味噌和え。
これもまたご飯にぴったり、金目鯛の刺身と酢味噌和えでご飯は消費し尽くしです。
 
野菜は蓮根と筍、蒟蒻も加えた煮物。
インゲンとほうれん草も加えて、旨味たっぷりの煮汁もまた素晴らしい。
 
浦安魚市場で、ついでに買ってきたヒラメのアラは唐揚げに。
中骨は固いですけど、それ以外の骨はパリッと揚がっています。
 
揚げたヒラメの身も旨いなぁ。
カレイとはまた違うワイルドな美味しさ。
 
アラは安く買えるので、今後もいろいろ工夫してみようと思います。
 
 
今日のレシピ、金目鯛煮付けの煮汁の配合です。
・酒、醤油を1/4カップ
・味醂と砂糖を大さじ2
・水1カップ
煮崩さないよう落し蓋をして弱火で15分。食べる直前に5分煮る。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿