Adsense

2017年1月31日火曜日

【男の料理】エスニックに京都、そしてイタリアンな作り置き

先週に引き続き、今週の作り置きも牛豚鶏の3品。
作り置いても美味しく食べられるものというと、やっぱり肉なんですよね。
 
まずは鶏、ガパオです。
 
ジューシーにするために鶏は大振りに切る、と書いてありましたけど、ちょっと大きすぎたかな。
まぁ男の手料理、
豪快に仕上げたということにしておきましょう。
 
辛さは唐辛子で、食べる時に調整できるよう少なめにしておきました。
これをご飯に乗せて、目玉焼きを添えるとガパオライス。
 
ふっくら鶏肉に軽い辛さ。
たまにはエスニックもいいものです。
 
豚肉は京菜巻きに。
 
京菜はスーパーで売られていて、そのパッケージにはバラ肉を巻いた料理のレシピ。
試しに作ってみたものです。
 
京菜のパリパリとしたさっぱり感がバラ肉によく合っています。
水菜でも同じような仕上がりになると思うので、代用すると手に入りやすいかなと。
 
最後は牛肉、玉子の衣を付けてピカタに。
 
玉子の絡まりが今一つで、普通のハンバーグみたい。
焼肉用の肉を寄せて固めてあるので、柔らかくて食べやすいんです。
 
ピカタはイタリア料理。
多少それっぽくするために、玉子にはバジルを刻んで混ぜてあります。
 
風味が増して、ご飯に乗せるといい味に。
牛肉と玉子、合いますね。
 
 
今回は、京菜の豚バラ肉巻きのレシピを。
材料(京菜の量がまちまちなので、量は何とも言えず…)
・豚バラ肉薄切り
・京菜
・酒、塩
 
1.豚バラ肉をまな板に数枚並べ、京菜を直径1~2cmの束にして、バラ肉の両端から1~2cmはみ出すように置く。
2.豚バラ肉で京菜をグルグルとしっかり巻いて、長さ3cm程度にカット。
3.フライパンに軽く油を敷いて2を焼く。塩で味付け後、酒を加えて蓋をして蒸す。
食べる時は、ポン酢をつけるとさっぱりします
 

0 件のコメント:

コメントを投稿