Adsense

2017年6月24日土曜日

【グルメ】リンガーハットのピリカラちゃんぽん、侮れない辛さと美味さ

休日の夕食、この日は中食でと近所の「リンガーハット」に。
ちゃんぽんにするか皿うどんにするかはいつも迷うところ、でもこの日は初めて食べるこいつが目当てだったんです。
 
ピリカラちゃんぽん、辛味噌が入っているんだそうです。
どれどれ、早速頂きま~す。
 
スープは…むむ、結構辛いぞ。
色からしてさほど辛くないだろうと、付いていた胡椒を全部入れたせいなんだろうか。
 
いや、胡椒のダイレクトな辛さじゃなくて、唐辛子系の辛みがスープにしっかりついています。
チェーン店の味だとさほど期待していなかったんですけど、逆の意味で裏切られる。
 
麺は中太、スープの絡みがちょうどいい。
野菜や豚肉の甘味も引き立つんですよね。
 
薩摩揚げや蒲鉾も美味しいし、このピリカラちゃんぽん、結構イケるじゃないですか。
 
 
ついでに、ツマミにと作ったヤリイカのバルサミコバター炒め。
 
イカを固くならない程度に軽く炒めて皿に盛ってと。
バルサミコ、ワイン、バターそれぞれ大さじ1、砂糖少々を同じフライパンで軽く火通し、アルコールを飛ばします。
これをイカにかけるだけ完成。
 
バルサミコの深い酸味、バターのコクが柔らかいイカに絡まって美味。
ワインのツマミですけど、炭酸系アルコールにも良く合う味でした。
 
最近、料理の品数がちょっと少ないかな。
勘を失ったり、包丁を面倒に感じたりしないよう気をつけないと。
 
 
【今日のワンポイント】
・リンガーハットのちゃんぽんは下手なラーメン屋さんより美味だと思う。

2017年6月23日金曜日

【グルメ】安いながらも美味、市川大野「だんごの美好」

とある休日の午前中、市川霊園まで行く用事があって、帰りがけに寄ったのが「だんごの美好 市川大野店」。
以前から気になっているお店だったものの、車を停めて買いに行く機会が無かったんです。
 
今回は自分一人だけだし、多少並んでも気にしない。
前の人が何を買うのか観察しながら、待つこと5分ばかり。
 
「え~と、焼き団子と、あ、この辛味餅ください。」
「はい、500円です。」
 
団子はなんと1本50円、辛味餅が300円で、これだけ買っても500円というのは安い。
なるほど、いつも並んでいるのはこの安さか。
 
車を運転しながら、辛味餅が気になって仕方ない。
えい、信号待ちの間に食べてしまえ。
 
端の一つを取ろうとすると、柔らかさ抜群。
なので手に絡むんです。
 
そのまま口に放り込むと…
う~ん、フワッフワ。
 
こんなに柔らかいお餅は初めてじゃないかな。
味は特別な訳ではないものの、きめの細やかさは凄い。
 
次の信号待ちでまた一つ。
その次では、箸を出してまた一つ。
 
大根おろしの醤油や辛さもちょうど良くて、止まらぬ美味しさなんです。
 
信号待ち5つ目で全て食べ尽くし。
お腹が空いていたんでしょうけど、こんな勢いでお餅を食べたのは初めてです。
 
そして家に帰ってからは、もう一品の焼き団子。
こちらも周囲の醤油の焦げが良かったんですよね。
 
とはいえ、あの辛味餅の柔らかさが記憶に残っているんですよ。
順番逆に食べれば良かったかな。
 
簾がかかっていて、昔ながらの外見。
安さだけが売りではなく、あの辛味餅の柔らかさはなかなかないなと。
 
おにぎりも美味しいようなので、今度買ってみようかな。
 
 
だんごの美好 市川大野店
047-337-0344
千葉県市川市南大野3-2-20
営業時間 平日6:00~、土日7:00~
定休日 月曜日
 

2017年6月22日木曜日

【グルメ】亀戸の街パン屋さんの素朴な美味しさ

竹末東京プレミアムで美味なるランチを食べた後、亀戸駅まで歩くことにしようと思ったのは、「ジュリアンベーカリー」に寄るため。
昨年一度行って、あんバターが美味しかったので、今回も何か買っていこうと思ったんです。
 
道すがら振り返ると、スカイツリーの勇姿。
運河にスカイツリー、いかにも東京っぽい構図で好きなんですよね。
 
途中、亀戸天神に立ち寄ってと。
藤も散ってしまい、この日は参拝客も疎らでした。
 
さて、「ジュリアンベーカリー」に到着。
 
小さな女の子が一生懸命ベビーカーを押しているのは、私の大切な乗り物を外に放置しておく訳にはいかない。
無くならないよう、お店の中に入れなくっちゃ。
 
そんな気持ちからなんでしょうけど、店内は狭くてお客さん3人がやっと。
ベビーカーはちょっと無理でした。
 
今回買ってきたのは、クリームパンとカスタードブリオッシュ。
私はクリームパンを食べました。
 
周囲は薄っすらと揚げてあるので、もしかしてクリームドーナツだったかな。
 
どちらにしても、ふっくらと柔らかいパン生地、こってりと甘みのあるカスタードクリームの組み合わせは素晴らしい。
さすがは長年続く街のパン屋さんです。
 
そういえば、ツナを使った惣菜パンは冷蔵庫に入れて温度管理をしっかりやっていました。
今度はあの冷蔵庫のパンを食べてみたいものです。
 
 
ジュリアンベーカリー
03-5836-4424
東京都江東区亀戸5-17-25
・総武線亀戸駅北口から徒歩5分
営業時間 10:00~19:30
定休日 水曜日
 

2017年6月21日水曜日

【グルメ】ラーメンも演出次第で高級感、「竹末東京プレミアム 」

とある日曜日、この日は東京ソラマチで「カゴメ ナポリタン スタジアム2017」を開催中。
きっと混んでいるだろうな、もし酷かったら近くで面白そうな店を探してみるかと、お昼時に一先ず向かってみることに。
 
錦糸町駅から東京ソラマチまでは歩いて20分ほど。
昨年整備されたタワービュー通り、時々足を止めてスカイツリーを撮りながら歩きます。
 
東京ソラマチに着いてみると、ウゲッ、ナポリタン スタジアムは想像以上の混み具合。
このエリアに入るための行列ができていて、こりゃ2時間は待ちそうだなということで並びもせずに断念です。
 
 
さて、どこでランチを食べようか。
一先ず亀戸天神近辺まで行けば、何か面白い店はあるんじゃないかな。
 
浅草通りを横十間川近くまで歩くと…
 
あれ、何だこの行列。
ネットで調べてみると、食べログ3.85という高評価のラーメン店「竹末東京プレミアム」。
 
ラーメンなら、待ち時間もそれほど長くないだろう。
増してや、こんな高評価のお店の前を偶然通りかかるなんて。
 
これは運命の出会い。
よし、入ってみることにしよう。
 
外で待ったのは15分ほどだったか。
 
店内に案内されて食券を購入、ここで再び待つこと10分弱。
カウンター8席しかないので、待つのは止む無しです。
 
その代わりというのか、4席毎にラーメンシェフが1人ずつ、目の前で丁寧にラーメンを仕上げてくれます。
軽くお喋りをしながら、さながら鉄板焼きのような洒落た雰囲気で、案内のお姉さんも終始笑顔で気持ちいい接客でした。
 
今回は鶏ホタテそば。
焼豚は3種、うち1枚はローストビーフです。
 
こりゃ美味しそうだ。
さ~て、頂きます。
 
まずはスープを一口。
 
う~ん、鶏の出汁が効いた濃厚な味。
でもしつこさは無くて、スッと身体に染み込むような。
 
ホタテというのは、このホタテペースト。
少しずつ溶かしてくださいとのことだったのでそうすると、凝縮された旨味がスープに。
 
う~ん、こりゃ美味いな。
 
中太の麺に濃厚で旨味たっぷりのスープが絡まり、ネギ類の辛みも適度な刺激に。
唸るほど、食べるのが惜しいほどの美味しさです。
 
肉類も素晴らしい。
ローストビーフは単独でもいける仕上がり、ロースも燻されていて個性的な味でした。
 
とはいえ、旨味たっぷりのスープが相手だと分がよろしくない。
肉の味を楽しむには、水で口直しした方がいいでしょうね。
 
味に圧倒されながら麺を完食、でもスープは少し残しておかなければいけないんです。
それは何故なのか。
実は、更なる美味しさが待っているんですよ。
 
黒トリュフ&チーズ 半ライス。
鶏そばか鶏ホタテそばをオーダーした人限定、残ったスープに入れて食べるんです。
 
茶碗に一杯の御飯、チーズはバーナーで炙って軽く溶かしてあって、その上に黒トリュフを乗せてあります。
それをお姉さんの指示通り、ラーメンの器にドンと。
 
器が少々汚いのはご勘弁。
見た目ではなく、とにかく味で勝負の一品ですから。
 
どんな味かというと、ホタテたっぷりのスープの旨味を存分に吸って、更にチーズの濃厚さ、トリュフの香りが加わったご飯が絶品。
 
実はトリュフの香りって、はっきり認識できたことないんですけどね(笑)
何かチーズとは違うぞという香りがきっとそうなんだろうなと。
 
芳醇な風味のこってり系リゾット。
こんなに美味しいものはそうそうお目にかかれないと思います。
 
いや~、偶然出会った店でこんなに満足できるとは。
次回はこの店を狙って行こうかなと思える素晴らしさでした。
 
 
竹末東京Premium
03-5610-4649(予約不可)
東京都墨田区業平5-14-7 フラーリシ押上
・「押上」駅(A2)より徒歩7分
営業時間 11:30~15:00、18:00~21:00
定休日 火曜(祝日は営業)
 

2017年6月20日火曜日

【グルメ】名古屋出張の帰り道、きしめんと天むすで寛ぎのひと時

仕事で急に名古屋まで日帰り。
帰りは20:00少し前の新幹線、晩御飯をということで、まずはホーム上にある「住よし」できしめんを食べよう。
 
ふ~、今日も疲れたなぁ。
新幹線で移動しているだけでも、仕事しているより疲労するのは何故なのか。
 
まぁあとは帰るだけ、さて、ノーマルのきしめん、頂きま~す。
 
まずはスープから、お、相変わらずの鰹出汁、身体に染み込みます。
シンプルながらも美味しいもんです。
 
そして麺にと。
程よいコシ、表面がツルっとして食べやすい。
 
薄い麺をこう仕上げるのは、きしめん独特の技ですね。
感心しながら3分で完食、お店に入ってからも5分程度と効率がいい。
 
新幹線のホームにこんないい店があるというのは、さすが食も豊かな名古屋です。
 
さすがにきしめんだけじゃ足りないだろうと、天むす弁当も買っておきました。
 
新幹線に乗って、ハイボールを飲みながらと。
浜松を過ぎてお腹が落ち着いたところで、さて、再び頂きま~す。
 
まずは天むすから。
う~ん、エビの風味がいいなぁ。
 
そのまんまエビという訳ではなく、天ぷらの一部がプリっとしたエビの食感。
どちらかというと薩摩揚げ的な食感であるものの、しっかりと天ぷらの味がしてきます。
 
ご飯に合わせる天ぷら、濃いめの味がポイントですね。
海苔の風味も加わって更にいい味。
 
おかずも様々、荷物も甘めで美味しいし、つくねや生麩まで付いているとは嬉しい限り。
お弁当が想像以上に美味なのはいつものことですけど、この天むす弁当はかなりのレベルでした。
 
お弁当の名前が「白河」というのが不思議で調べてみると、どうやら作っているのは東京の清澄白河近辺らしい。
直接も買えるようなので、近くに行くことがあったら寄ってみるかな。
 
 
【今日のワンポイント】
・新幹線名古屋駅上りホームの「住よし」、短時間できしめんを楽しむのにいいお店。
・実は東京で作っている天むす弁当も超お勧め。
 

2017年6月19日月曜日

【ボート】マリーナでのBBQ、美味しく楽しいひと時

東京湾奥クルージングからマリーナに戻ってきて、さ~て、第2部のお楽しみはBBQ。

肉は量より質、野菜を多めにというのが今回のテーマです。
 
豚トロにはレモンペッパーを塗しておいたので、脂があっても比較的さっぱり。
茄子もそのまま焼いて、醤油をちょろっと滴らせば最高の美味しさ。
 
買ってきてもらったカプレーゼ、写真には無いですけど、生春巻きも美味かったんですよ。
 
肉も上々の焼き上がり。
軽く塩胡椒を振っただけでも美味でした。
 
隣でBBQをやっていた方達が突然の生演奏。
懐かしいを少し通り越した古い曲ばかりでしたけど、知っているので楽しく聞くことができます。
 
思わぬBGM、飲みながらまったりと過ごす海辺の午後のひと時。
気分は最高。
 
今回は野菜アルミ箔に包んでみたんですけど、蒸し焼きなので水分がきちんと残ってくれるので美味。
下味付も塩胡椒、醤油やバターのみなので、お手軽簡単なんですよね。
 
新玉ねぎは、皮を剥いてアルミ箔に包んだものを焼いただけ。
でも甘味が際立って本当に美味しい逸品でした。
 
いや~美味いなぁ。
 
牛肉もしっかりサシが入ったものだったし、鶏肉は柚子胡椒で下味付け。
締めにはカマンベールチーズをホイル焼きにして、フランスパンにのせて食べたり。
 
宴たけなわなまま、気付けば周囲は真っ暗で20:00まで飲んでました。
 
 
片付けも酔いが回りながらだったので、BBQコンロの部品を紛失したりでしたけど、美味しく楽しくでいい時間だったなと。
皆さんにも喜んで頂けたようなのが何よりでした。
 
さぁて、BBQコンロ、新しいのを調達しないと。
 
 
【今日のワンポイント】
・BBQの野菜、アルミ箔で包んでおけば焦げずにジューシーで美味。特に玉ねぎは甘くていい味。
・後片付けは酔いが回る前に済ますべし…
 

2017年6月18日日曜日

【ボート】浜離宮目指して、東京湾奥クルージング

とある土曜日。
この日は会社のメンバーで東京湾奥クルージング。
 
午後から南風が吹いてくる日だったので、2時間以内で戻って来れるところにと、浜離宮を往復するコースにしました。
 
東京ゲートブリッジをくぐってお台場に。
そのまま晴海埠頭までくると…
 
お、海上保安庁の艦船が集結。
この日と翌日に東京湾での訓練展示があったので、ここ晴海埠頭に集結しているのでした。
 
浜離宮に到着。
北側の水門が工事中で通れずで南の水門に向かうと、水上バスが通過しようとしています。
 
え、こんなデカい船でも通れるのか。
ご覧の通り、高さも横幅もほぼぴったり。
でも何の躊躇いもなく通過していくのは、さすがプロのキャプテンです。
 
浜離宮内は水面が安定しているんですよね。
ここで暫しの一休み。
 
ここに船で入れるというのは、一般には意外に知られておらず。
なので初めての人を案内することが多いんです。
 
ボートを停めても揺れないので船酔いの心配もなし。
この水面をボート乗りに開放してくれているのは、東京都公園協会の素晴らしい心配りだと感謝です。
 
よ~し、帰りは豊洲運河から。
 
夢の島マリーナの先、荒川に出る水門が一時閉鎖されていたのは、この馬鹿でかい台船を通過させるためでした。
台船を牽引する船と押す船との微妙なコラボ、これも素晴らしい技だと感心です。
 
 
いろいろ珍しいものに遭遇して、皆さん喜んでくれた様子。
これで海好き・ボート好きが増えてくれれば何よりですね。
 
明日は第2部、マリーナでBBQについて書きます。
 
 
【今日のワンポイント】
・浦安からのクルージング、初めての人向けはやはり浜離宮。
 

2017年6月17日土曜日

【グルメ】やっぱり駅前中華には間違いなし

JAMSTEC施設公開を見終えた後、追浜駅近辺でのランチ。
14:00を過ぎてしまったので、開いているお店がほとんどない様子です。
 
よしそれだったら、3年前にも入った「中華料理 華林」に行ってみよう。
あのお店なら入れそうだという予想は的中でした。

さ~て、何にしようかな。
メニューを眺めると、お、激辛麻婆豆腐があるじゃないか。
どの程度激辛なのか、よし、これにしよう。
 
と、5分ちょっとで運ばれてきたのがこれ。
色はそれほど赤くもなく、胡椒も多いという訳ではないですね。
 
よし、頂きま~す。
 
時々ビリッとはくるけど、見た目通りでそれほど辛くはないかな。
 
アツアツの豆腐、少量ながらもしっかりと味付けされた挽肉も美味。
極めてオーソドックスな味ながら、基本を押さえたいい味の麻婆豆腐です。
 
ん?そう言えばライスが無いな。
別に注文しないと駄目だったようで、店員さんも気遣って聞きにきてくれました。
 
ライスに乗せると美味しさ倍増。
ピリッとした辛さが引き立って、お米の旨味とよくマッチします。
 
ライスの減りが早いなと感じながらも、あっと言う間に美味しく完食でした。
 
時間が時間だったせいか、店内はガラガラ。
雨の中、駅から5分程度歩くのもネックだったのかもしれませんけど、困った時の押さえとしてはいいお店だと思います。
 
駅前中華、やっぱり間違い無いですね。
 
 
中国料理 華林
ジャンル 中華料理、四川料理
046-867-6350
神奈川県横須賀市追浜本町1-43-9
・京急追浜駅 徒歩4分
営業時間 11:00~24:00
定休日 第3月曜
 
 

2017年6月16日金曜日

【イベント】「しんかい6500」のコックピットを見学

この日は雨、JAMSTEC施設公開も空いているので、人気の展示を観るチャンス。
前回は諦めた「しんかい6500」模型のコックピット展示に並んでみました。
 
列は30m程度とそれほど長くないものの、一組ずつ階段を登って、一通り説明を受けた後に記念撮影をして降りてくる。
この一連の動作に3分ちょっとかかるので、待ち時間はそれなりです。
 
行列はしんかい6500の周囲なので、待っている間はじっくりと観ることができます。
一昔前のSFに出てくる宇宙作業用ロボットみたいな外見であることを改めて認識。
 
コックピットは内径2mの球体。
ここに3人が乗るそうで、狭いせいか椅子は無し、赤いクッションに座るそうです。
 
計器類は最新のものとは異なるんでしょうけど、びっしりと周囲を囲まれた完全密室。
精神力と体力の双方を試される環境でしょう。
 
カップ麺の容器が水圧で小さくなる段階を示した展示。
 
10,000mでは、オリジナルの1/4以下に圧縮されています。
水圧の凄さを想像できる展示ですね。
 
深海生物の標本を展示してある部屋もあります。
かなりグロテスクなものが多かったので、比較的マシな鱈の写真を載せておきましょう。
 
しんかい6500のコックピット、2mの球体は耐圧殻と呼ばれていますけど、その耐久性を試験するための設備。
この蓋だけでも10tあるというのだから、半端じゃない重さです。
 
高圧実験水槽は高さ5m以上、上から覗き込むだけでも足が竦みます。
 
この設備で、水深14,000m以上の水圧をかけることができるとは…
さすがはJAMSTEC、凄いものを持っています。
 
しんかい6500の耐圧殻を圧壊させた残骸、圧力は水深13,200m相当だったそうです
6,500mまでを想定しているものでしょうから、実際の性能はほぼ倍。
これなら潜るのも多少安心かな。
 
様々面白いものを観ることができて大満足。
充実した一日でした。
 
 
【今日のワンポイント】
・少々時間をかけてでも、しんかい6500 の模型は一見の価値あり。施設公開日以外で観るチャンスがあれば、耐圧殻にも入れるらしい。
・施設公開日も朝一は人が少ないので、真っ先に見学するのが良さそう。