Adsense

2017年9月22日金曜日

【グルメ】まぐろ4種、異なる美味しさが丼を埋め尽くす

順天堂病院に用事があって、帰りにランチをということに。
「ダイニング&バー ミラコロ」に行ってみたところ、この日は定休日でした。
 
この通り沿いには何軒かお店があったなと探してみると、浦安魚市場の向かいにある「まぐろや 相馬水産」の支店、富士見町店を発見。
このお店なら間違いないやと入ることにしました。
 
13:00過ぎなので、お客さんは3名のみとガラガラ。
よし、今日はまぐろや丼、マグロ尽くしの1480円を食べることにしよう。
 
待つこと10分弱、到着したまぐろや丼。
お~、期待通りマグロが大量、こりゃ美味しそうだな。
 
 
真ん中はネギトロ 、赤身代わりの炙りに中トロ、そして赤身。
赤身2品と書いてあったのが、この日は1品が炙りに。
 
何だか得した気がしますね。
さ~て、頂きま~す。
 
まずはその炙りから、これはポン酢で頂くそうです。
 
ふむふむ、ん、旨い!
炙った表面と中では食感も風味も違うんです。
 
ジュワッと滲み出る脂がポン酢にマッチ。
なるほど、こりゃ素晴らしいぞ。
 
次は赤身。
お、これも酸味が効いたネットリとした味わい。
 
そして中トロは脂の旨味がギッシリ。
適度な脂、量を食べられるので大トロよりもこっちの方が好きなんですよね。
 
ネギトロもいい脂、ご飯も美味で酢も丁度いい具合。
醤油を若干多めにして、ご飯を掻き込むと幸せな気分になれます。
 
刺身はそれぞれ3枚。
順番に繰り返し、ご飯と一緒に。
う~ん、たまらないぞ。
 
カウンターも含めて全部で30席ほどの店内。
広くはないものの、仲間とワイワイやるにはいいサイズでしょうね。
 
駅からかなり離れているので、夜は地元の人で賑わうのかな。
 
料理を待っている間、メニューにあるこんな図を見て学ぶのも面白い。
結構大トロも取れるんだなということがよくわかりますね。
 
また行きたくなる美味さ。
ご馳走さまでした。
 
 
まぐろや 富士見店
047-314-5728
千葉県浦安市富士見2-8-2
営業時間 11:30~14:30、17:00~22:30
定休日 水曜日
 

2017年9月21日木曜日

【グルメ】おはぎの美味しさに嬉しい意外感

仙台旅行の番外編、自分用のお土産として買ったものについて。
 
これが美味しかった秋保温泉のおはぎ。
 
「主婦の店さいち」というスーパーで売られているもの。
スーパーは普通のスーパーで、上に書いた牛タンジャーキーもこの店で買ったものです。
 
でも何といっても有名なのがおはぎ。
朝は開店前から、このおはぎ目当ての行列ができる程なんです。
 
特徴は、たっぷりの甘さ控えめ餡と粒感が残るお餅。
 
餡こは適度に塩味があって、あまり甘くないのに甘さを感じます。
ずんだ餅なんかと同じような塩加減ですね。
 
米が美味しい東北だからこそのお餅の味と相まって、なるほど、これが飛ぶように売れるという理由がわかる味でした。
 
次、お土産というよりは、現地で酒のツマミにした牛タンジャーキー。
 
ジャーキーの割には、牛タンの味わいがはっきりしています。
本当はビールかハイボール用のツマミなんでしょうけど、日本酒でもまぁなんとか美味しく頂けました。
 
定番の「萩の月」、食べるのって、何十年ぶりだろう。
似たような他製品を食べた記憶はあるものの、本家の「萩の月」は食べていない気がするなぁ。
 
改めて知ったのは、1個200円もする高級菓子だということです。
 
久々に食べると、これ美味しいですね。
値段が高いだけのことはあって、使っている食材がいいものなのではないかなと。
 
ほんのりした甘さ、品のいい食感。
そうか、これが「萩の月」の実力なんだなと。
 
最後はお決まりの牛タン。
今回は現地で食べず、たんや善次郎のお土産用真空パックです。
 
タンは焼き加減が難しいんですよね。
真ん中の赤味を少し残したくらいが柔らかくていい仕上がり、今回はちょっと焼き過ぎてしまったのもありました。
 
それでも、温かいうちに食べれば柔らかいんですよね。
中から肉汁がジュワッと、さすがは仙台を代表する味です。
 
添えてあるのは「なんばん味噌漬け」、青唐辛子を味噌で漬けてあるので少々辛い。
これを牛タンにのせて食べると、味が締まって更に美味なんです。
もちろん、なんばん味噌漬けをご飯にのせてもいいし、炭酸系のツマミにもなりますね。
 
 
仙台の多彩な味、家でも満喫することができて満足、満足。
 
 
【今日のワンポイント】
・他のものは東京でも売ってますけど、さいちのおはぎは現地ならでは。おばあちゃんが作ってくれたような懐かしい味のおはぎ、機会があればぜひ食べてみてください
 

2017年9月20日水曜日

【グルメ】ホッとする優しい味、「鷄そば 朱雀 」の塩鷄そば

仙台旅行からの帰り道、地元駅に到着したのは19:30過ぎ。
家で食べるのも面倒なので、駅近辺で食べていこうかな。
 
こういう状況で、真っ先に思い浮かぶのは「鶏そば 朱雀」。
安定した美味しさと比較的さっぱりとしたラーメン、食べたくなるんですよね。
 
今回は、鶏塩そばの大盛り。
久々に食べるシンプルな味、麺を多めにして夕食仕様です。
 
さぁて、頂きま〜す。
 
まずはスープから、うん、この味、この味。
油もしつこくなく、薄味にはしっかりと鶏や魚介の出汁がでています。
 
柚子胡椒の爽やかさも加わり、このスープだけでも美味しいんだよなぁ。
 
続けて麺、若干細めでコシがあって喉越しよし。
叉焼も安定した美味しさ、特にレア感残る低温調理叉焼が素晴らしい味です。
 
あれ、つくねって以前も入っていたっけかな。
食べたの覚えてないですけど、食感が良い感じです。
 
大盛りの麺もあっという間に食べ尽し。
やっぱりこのお店は間違いないですね。
 
それほど広くない店内、お客さんはポツポツながら途切れることはなく。
この美味しさ、しっかりと地元に根付いてきているようで一安心です。
 
 
鶏そば 朱雀
047-302-7240
千葉県船橋市本中山3-14-21
営業時間 11:00〜15:00時、18:00〜23:00(日祝は22:00)
定休日 月曜日
 

2017年9月19日火曜日

【旅行】列車の時間待ち、サイフォンでまったりとコーヒー

仙台駅でお土産の買い物を全て終えて、時計をみるとまだ15:30。
新幹線の16:30までは1時間、どこかで珈琲でも飲みたいなと。
 
駅構内を見渡すと、3Fにこの「杜の香り」というお店。
席も空いていたので、入ってみることにしました。
 
ほ~、今時、サイフォン式の珈琲なんて珍しいな。
このお店は全てサイフォン式での提供のようで、コクとまろやかを、酸味と苦味を縦横軸にとった四象限それぞれの特徴をもった5種類のブレンド珈琲を提供しています。
 
・全てのバランスがとれているのが「杜の香り」
・コクと苦味の「伊達」(炭火焼き)
・コクと酸味は「青葉城」(ストロング)
・まろやかな酸味は「広瀬川」(ソフト)
・まろやかな苦味は「定禅寺」(ヨーロピアン)
 
帰宅までの元気を出すため、ここはストロングの青葉城かな。
 
味はというと、比較している訳ではないので何ともいえず。
そう言われればコクがあって酸味もありるような。
 
サイフォン式での違いはというと、これも正直よくわからず。
ワインのブドウ品種・産地・製法と同様、条件を揃えて比較しないとわからないものですね。
 
新幹線を待ちながら、行き交う人を眺めながら。
 
珈琲の量は2杯分とたっぷり、サイフォンのお洒落な外見を楽しんでゆっくりと流れるひと時。
旅の締めくくりには良い時間でした。
 
今回の旅行もなかなか楽しかったなと。
長い連載、お付き合いありがとうございました。
 
 
【今日のワンポイント】
・仙台は想像以上に素晴らしいところ。機会があればまた巡りたい街でした。
 

2017年9月18日月曜日

【旅行】発祥の地にて、本格的な麻婆焼きそば

仙山線で仙台駅まで戻って、ようやくランチです。
 
よく考えたら仙台での最後の食事、牛タンがいいかと思っていたものの、温泉旅館連泊でお腹がまだいっぱいなんだよな。
そんな時のためのプランB、仙台駅西口にあるパルコ1Fの「口福吉祥 喜喜龍」に。
 
私も初めて知ったんですけど、麻婆焼きそばは仙台発祥なんですって。
このお店は麻婆豆腐が本格的なもので、麻婆焼きそばも置いてあるということで事前にチェックしていたんです。
 
きたきた、麻婆焼きそば。
麺が全て隠れているので、麻婆丼にも見えますね。
 
豆腐にも色がついて、しっかりと味が染みているであろうことがわかります。
辛味の刺激に食欲を唆られて、さて、頂きま~す。
 
まずは麻婆豆腐から。
ん、辛い!
 
ここ数日の刺激の少ない食事に舌が慣れたからではなく、この麻婆豆腐は真剣に辛いんです。
とは言っても、麻辣のバランスがとれた辛さなので、口が慣れてくると奥深さを感じます。
 
挽肉には軟骨も入っているのか、時々コリッとした食感。
豆腐をハフハフと食べていると、山椒がジャリッと歯で潰れたり。
 
様々な食感と、バランスのとれた味の麻婆豆腐。
こりゃ確かに美味いな。
 
麺にいってみましょう。
 
お、周囲の一部が焦げて固いぞ。
そこには香ばしさもあり、全体的に固めの麺は存在感があります。
 
焼きそばに麻婆豆腐を乗せる必要が果たしてあるのか。
麻婆焼きそばを食べる度に感じる素朴な疑問ですけど、そんなことはどうでもいいと思える素晴らしい味でした。
 
このお店、お茶もポットでサーブしてくれるんですよね。
店員のお姉さんも美人揃いだったし、観光名所の駅前人気店はさすがです。
 
店の入口はこんな感じ、パルコの中ではなく、外から直接入る構造です。
仙台で刺激的なものを食べたい時には、お勧めのお店だと思いますよ。
 
 
口福吉祥 喜喜龍 (コウフクキッショウ シーロン)
022-212-4606
宮城県仙台市青葉区中央1-2-3 仙台パルコ 1F
営業時間 11:30~15:00、17:30~23:00(月~金)、17:00~23:00(土日祝前)
年中無休
 

2017年9月17日日曜日

【旅行】マッサンで人気急上昇、宮城峡蒸溜所を見学

苦労して辿り着いた宮城峡蒸溜所、期待通りの面白い場所だったので、この記事にてご紹介です。
 
宮城峡蒸溜所のガイド付き見学は、9:00~11:30、12:30~15:30の時間帯、30分置きにスタートします。
 
現地に着いたら、まずはビジターセンターへ。
基本はインターネットからの事前予約制ですけど、人数に余裕があれば予約なしでも受け付けてくれます。
 
 
事前予約は3日前まで、すっかり忘れた私は予約なしで11:00のコースに申込。
受付のお姉さん、予約なしでもニッコリしながら受付けてくれました。
 
名簿をざっとみると、同じ回に受け付けた人の半数弱は予約なしだったようです。
 
見学開始までは、ビジターセンター内の展示を見て待ちます。
ここに置いてあるものだけでも結構面白く、じっくり見れば30分以上かかると思います。
 
時間になるとシアタールームに案内されて、そこで宮城峡蒸溜所設立ストーリーと、ウィスキーの製造工程の映像を見ます。
映像も綺麗だし、勉強にもなるなかなかいい映像でした。
 
11:00のコース、参加者は26名です。
ガイドはまだ学生にも見える女性でしたけど、テキパキしっかりと解説してくれました。
 
乾燥塔、現在は利用されていないもの、特徴的な屋根が蒸溜所のシンボルになっているんだとか。
レンガ造りだし、美しい建物ですね。
 
仕込棟では、蒸溜前の糖化・醗酵が行われます。
この段階では、アルコール度数が低いビールのような液体なんだそうです。
 
そして蒸溜棟、この独特の形をしたタンクの中で蒸溜を2回。
この段階では、無色透明な原酒なんだとか。
 
そして樽に入れて保存、長年の熟成を経て、まろやかなウィスキーに変化していくんですね。
この樽は匂いを嗅げるようになっていて、右から1ヶ月、5年、10年(だったかな)の変化を感じることができました。
 
そして最後はウィスキーの試飲。
飲めるのは、竹鶴ピュアモルト、スーパーニッカ、アップルワインの3種です。
 
ストレートで飲み比べると、竹鶴ピュアモルトの方が刺激的、グレーンウィスキーを配合したスーパーニッカはまろやか。
でも竹鶴ピュアモルトの爽やかな香りは魅力的ですね。
 
 
久々にスーパーニッカという言葉を聞いて、社会人になったばかりの頃の飲み会を思い出しました。
その日はしたたか酔っていたのか、「スーパーニッカ」と言えなくなったんですよね。
 
この日はなぜか「スーカーニッパ」、おかしいとわかって言い直しても「スーカーニッパ」。
一緒に飲んでいた仲間と大爆笑でしたけど、酒の恐ろしさを初めて知ったのはあの時だったかも。
 
アップルワインは甘いんですけど、氷を入れて飲むと意外にさっぱり。
梅酒代わりに人気が出そうな味ですね。
 
 
宮城峡蒸溜所の見学、仙台に行ったら絶対にお勧め。
ただしドライバーは飲めないので、私のように公共交通機関やタクシーで行くか、飲まない運転手を生贄としてバッカスに捧げるか、ですね。
 
 
【今日のワンポイント】
・宮城峡蒸溜所のオリジナル商品も多数。車で行けば、これを買い込むこともできるのがメリットかな。
 

2017年9月16日土曜日

【旅行】宮城峡蒸溜所へ、バスと電車でスリリングな往復

ニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所、NHKの朝ドラ「マッサン」で一気に有名になった場所。
秋保温泉からは15kmほど離れていて、タクシーを呼んでもらって行こうかと思っていたんです。
 
ネットで調べてみると、バスを乗り継いで行けば1,000円もかからず行けることが判明。
時間は倍程度かかるけど、料金はタクシーの1/5。
 
本数が少なくて、正確なオペレーションを求められるというスリルも味わえるのでと、挑戦してみることにしました。
 
まず、秋保温泉の「秋保文化の里センター」からは愛子駅行きのバスに乗ります。
あ、愛子は「アイコ」じゃなくて「アヤシ」と読むのでお間違いのないよう。
 
9時台の愛子駅行きバスは18分と42分。
乗り継ぎの関係で42分のバスに乗ります。
 
お、きたきた。
こんな田舎なのにSuicaが使えるというのにはビックリ。
 
愛子駅までは16分ってことは、到着は9:58。
作並温泉行きバスが10:11発なので、乗り換えには13分もあるのか。
 
な~んて思っていたら、世の中上手くいかないものなんですよね。
バスは何だかんだで遅れて愛子駅着は10:05、でもまだ余裕があるなと思っていたらさにあらず。
 
 
何と、乗り換えのバス停が見つからないんです。
駅前にはバス停が2つ、いずれにも10:11発のバスなんて書いていない。
 
こりゃ駅員さんに聞こうと思ったら、乗客の行列ができていて私の順番まで回るのに時間がかかりそう。
かなり焦りつつも駅周辺の地図をじっくり見て、駅から離れたところにもバス停があるのを発見。
 
時計をみると、10:10って、あと1分しかないぞ!
 
(とある理由で)痛む足を引きずりながらも、300mくらいを必死で走ったこと、走ったこと。
しかもバス停は交差点の反対側、信号待ちの間にバスが来てしまったらアウトなので、車が来ない隙きを突いて横断。
 
バスが3分ほど遅れてくれていたおかげで、何とか乗り込むことができました。
いや~、久々にかなり焦ったぞ。
 
作並温泉行きのバス、ニッカ橋という停留所で降りると、宮城峡蒸溜所の目の前。
入口に到着したのは10:50、見学受付まで歩いて5分ほどで、11:00からの見学コースに何とか間に合いました。
 
 
見学についてはまた別の記事に書くとして、次は宮城峡蒸溜所から仙台駅までの帰路について。
これもまた一苦労だったんです。
 
宮城峡蒸溜所見学を終えたのが12:02。
最寄りの作並駅までは2.3kmほどあって、1時間に1本しかない仙山線は12:37。
 
普段なら何でもない距離と時間ですけど、足を痛めているのと、お土産で買ったウィスキー等2kg以上、カメラ諸々で4kgほどの荷物を持っているのと。
 
35分はキツいかな、もう1時間遅らせるかな。
いや、頑張れば何とかなると、歩き始めたのが12:04でした。
 
途中からは長い上り坂、汗びっしょりになりながら、ひたすら歩き続けること30分弱。
ようやく作並駅が見えてきましたけど、ここで油断してはいけない。
 
ホームに着いて、ようやく一息。
電車が来るまで2分ほどの余裕がありましたけど、足と荷物の影響は想定以上でした。
 
いや~、頑張れば何とかなるものですね。
今後、同じコースを辿る方のため、この記事が何かの参考になればなと。
 
 
【今日のワンポイント】
・愛子駅、作並温泉行きバスの停留所は、作並街道を横断したところに。愛子駅からは220m離れているのでご注意を。
 

2017年9月15日金曜日

【旅行】磊々峡、読めたらかなりの漢字通かな

石が3つもあるこの文字、なんて読むのか知っています?
 
初めて見た字、私は読みを覚えられず何回も調べてしまいました。
単独では「らい」、この地名は「らいらいきょう」と読むんです。
 
秋保温泉の入口にあって、岩沼屋からは徒歩15分ほど。
まずはここに行ってみよう。
 
名取川を渡る時に橋の下を覗き込むと、ん、ハート?
 
恋人の…何だっけ?
最近あちこちで見かける「あれ」に選ばれていそうだな。
 
お、そうそう、 恋人の聖地でしたね。
しかしこんなところにまで進出しているとは、桂由美、侮れないですね。
 
磊々峡というのは、文字通り石が沢山ある渓谷。
 
長年の浸食でこんな形になっているそうですけど、巨岩や奇岩がゴロゴロしてます。
流れもかなり急で、こんなところで落ちたら確実に命はないな。
 
川に沿って、遊歩道が整備されています。
夏はライトアップもあるそうなので、夜に来るのも良さそう。
 
ところどころ案内板があって、これは「奇面岩」らしいけど…
どこかに顔らしきものが見えるのか、いや、どの岩も無理やりそう言えば言えちゃうんじゃないかな。
 
ところで、物が人の顔のように見えることって、何ていうんだっけ。
ネットで調べると、そうそうシミュラクラ現象。
 
見えやすい人は不安傾向が強いそうですけど、その時の精神状況によっても違うのでしょう。
少なくとも、ここにいる時の私には不安傾向はなかったようです。
 
八間岩と時雨滝。
八間って、長さの単位のことかな。
 
だとしたら15m弱、この岩の高さのことを言っているのかどうか…
せっかく名前をつけるなら、少し解説を書いておいて貰えるとありがたいですね。
 
今回は遊歩道を100m程度しか歩く時間がなかったんですけど、岩と急流の美しさは見事。
緑もいっぱいで、マイナスイオン効果は大きそうなので、ゆっくりできる方は散歩してみてください。
 
磊々峡近くにポンと展示されていた路面電車。
 
案内を読んでみると、元々は仙台の市電車輌で、廃止時に長崎に譲渡されたもの。
長崎で廃車となり、故郷に戻す事になった時、この地に住む鉄道ファンのご自宅に展示となったんだそうです。
 
自宅に市電を展示してしまうなんて、かなりコアなファンの方が住んでいるんですね。
 
 
そんなこんなで、短い秋保温泉観光も終わり。
ここからがこの日の観光の本命、ニッカウヰスキーの宮城峡蒸溜所を目指すことにします。
 
 
【今日のワンポイント】
・磊々峡近くには、秋保ワイナリーもあるらしい。2015年末にオープン、ワイン造りの日はまだ浅いものの、これからに期待できそうな観光地です。