Adsense

2017年7月26日水曜日

【カメラ散歩】貝塚を知るならここ、飛ノ台史跡公園博物館

以前から、機会があったら行ってみようと思っていた飛ノ台史跡公園博物館。
船橋の海神駅から徒歩10分弱のところにあって、貝塚や縄文時代住居跡が発掘された場所が博物館になっているところです。
 
貝塚といえば、大田区の大森貝塚が有名どころ。
船橋は知られていないものの、実はかなりの数の貝塚があるようです。
 
地元のことなので知っておかなければ。
暑い日曜日、館内での涼みがてらに行ってみることにしました。
 
海神駅は京成線、各駅停車しか停まりません。
地元の京成中山駅も各駅停車のみ、今回はタイミングが良くて、待ってすぐに来た各駅停車に乗って出発。
 
海神駅から、北に向かって商店街を抜けていきます。
 
イオン船橋店の手前、鉄筋造りの立派な建物が飛ノ台史跡公園博物館。
入場料は100円、外の貝塚や住居跡だけなら無料で見ることができますけど、暑い中歩いてきたこともあって、そそくさと館内に。
 
展示は2階と3階。
この地から出てきた土器や石器に人骨、食料にしていた動物や魚の骨、貝殻などが展示されています。
 
館内の写真撮影は許可を得る必要があったので、観ることに専念。
パンフレットの一部のみをアップしておきます。
 
日本で最初に「炉穴」が発見された、というのが特徴。
炉穴というのは調理用の穴のことで、深さ70cm程の大小2つの穴。
 
両者は繋がっていて、小さい方の穴に土器等をセット。
大きい方は人間が入れて、小さい穴の下に焚き木を焚べて土器を熱するという構造。
なるほど、単純な構造ながらこれは実用性が高いなと。
 
この1枚だけはメモとして残しておきたかったので、許可をもらってパチリ。
縄文時代の海岸線、霞ヶ浦が海に繋がっているのと、東京湾が埼玉まであるのとで、千葉はほぼ島だったんですね。
ここ船橋と大森も幅の狭まった対岸、縄文人の交流があったのかもしれません。
 
外の展示、暑いのでサッと観るのみ。
発掘の様子が伺えるようになっていました。
 
ん?掘った跡が風雨にさらされても残っているのは何でだろう。
表面を何かでコーティングしているのか、別の素材で作ったレプリカなんでしょうね。
 
貝塚について、ここまで詳しく解説されている博物館は数少ないはず。
かなりマニアックではありますけど、100円の割には学べることが多い場所としてお勧めです。
 
 
【今日のワンポイント】
・飛ノ台史跡公園博物館、全くマイナーながらも貝塚に関する展示物は充実。
・土器土偶作り等のワークショップも開催しているし、普段はガラガラに空いているので展示は見やすい。
 
 
 
 

2017年7月25日火曜日

【グルメ】氷屋さんのかき氷、1杯100円のお手軽さ

暑さ真っ盛りの日曜日。
近場に出掛けようかなとネットを眺めていて、ふと目に留まったのが地元駅の「小林氷室」。
 
氷屋さんが売るかき氷、1杯100円とお得な価格設定。
むむ、今迄全然知らなかった。
 
今日は暑いし、歩いて10分とくれば行かない手はない。
日曜日休みではないことを願いつつ、行ってみることにしました。
 
お店は総武線高架沿い、こんなところに氷屋さんがあるなんて全く意識していなかったんだよなぁ。
 
ネットによると、かき氷の営業は6月中旬から9月中旬の3カ月。
なるほど暑い季節、しかも営業時間は9:00~17:00。
 
こんな時間帯は、少しでも歩く時間を短くしたい。
なので駅から3分ちょっと離れたこのエリアには足を運ばない訳です。
 
シロップは色から選べますけど、今回はレモンを注文。
少しでもさっぱりしたいほどの暑さだったからです。
 
おばさんが手回しのかき氷マシンで、透明の天然氷削ってくれるんです。
シャキッ、シャキッといかにも美味しそうな音、完成まで2分ほどと待ち時間は僅か。
 
完成したかき氷、店内に食べるスペースがないのは少々残念ながら、暑い中を歩きながら食べるのもまた乙なもの。
さぁて、頂きま~す。
 
く~、歯に染み渡るほどの冷たさ…
を期待したんですけど然にあらず。
 
優しい冷たさ、氷の粒が大きくて、柔らかい食感が広がります。
あれ、マシンのフワフワ氷とは全然違うな。
 
たまたまなのかもしれませんけど、もしかして天然氷を手回しでかいたからなのか。
食べやすいかき氷、しかも氷の粒が溶けにくくて長持ち。
新たな食感で、一発でファンになるほどの美味しさでした。
 
それにしても、量が多いのに100円は安い。
お祭りなんかだと300円はしそうな一品なので、お得感もあると思います。
 
よ~し、これはまた食べに来よう。
そう思える素晴らしい味わいでした。
 
 
小林氷室
千葉県船橋市本中山3丁目1-6
047-334-3826
営業時間: 6月中旬~9月中旬 9:00~17:00
定休日: 不明
 

2017年7月24日月曜日

【グルメ】釣果は美味しく、様々な魚料理に

持ち帰った魚の数は46匹。
そこそこの数なので、捌くだけでも一苦労です。
 
とはいえ、釣ったばかりの魚は本当に美味。
今回は、シロギスは天ぷらと唐揚げ、昆布締めに、イシモチは刺身で食べることにしました。
 
まずはシロギスの天ぷら、定番ですよね。
サクッとした衣にホワッとした身、天つゆにもマッチして堪らない美味さ。
 
こりゃ何回食べても美味しいなぁ。
 
唐揚げは、サラダと一緒にドレッシングをかけて。
ドレッシングの油と味付けがシロギスの身の淡白さを補ってくれるんです。
 
天ぷらで食べ切れない場合はこの食べ方ですね。
 
シロギスで今年凝っているのがこの調理、塩で5分、昆布酢で10分締めたものです。
初日はイシモチの刺身があったので、酢を捨てて昆布に乗せて1日寝かしておきました。
 
昆布の風味も染み渡り、シロギスの旨味に複雑さが出るんです。
醤油をちょいと垂らして、ご飯に乗せて食べると美味しいんですよ。
 
つまり、オカズとしては翌日まで置いておくべき。
酒のツマミとしては、当日食べる薄味がベストということになるでしょう。
 
イシモチの刺身。
最後に捌いたので、包丁もかなり雑になってしまいました。
 
とは言っても、当日釣った魚、しかもボートの生簀で生かして持ち帰った新鮮なイシモチ。
身が柔らかく傷みやすいので、刺身は自分で釣ってこその楽しみ方です。
 
 
週末2日間の食卓を賑わせてくれた釣魚。
これだから釣りはやめられないんですよね。
 
ご馳走様でした。
美味しかった~。
 
 
【今日のワンポイント】
・シロギスの昆布締め、翌日まで置いておいても美味しく食べられる。
 

2017年7月23日日曜日

【ボート】アクアライン近く、6目釣りで絶好調

アクアラインの北側、袖ヶ浦沖といえばいいんですかね。
ここは底が泥質のようで、シロギス以外の魚も釣れるんです。
 
仕掛けを投入すると、いきなりのヒット!
何か引きが違うなと思いきや、お、ヒイラギか。
 
この魚、煮付けにすると美味しいんですけど、ヒイラギという名前の如く周囲に棘が多数、捌くのが少々痛いんです。
本命にこだわろうということで、棘に気をつけながらリリース。
 
この後はシロギスのオンパレード、ダブル掛りもありました。
この場所は釣れるということで、一本は天秤仕掛け、もう一本は胴突き仕掛けの2本竿に。
 
片側の魚を外して餌を付け直している間に、もう一方にシロギスが掛かったり。
かなり忙しくて充実した時間帯を過ごします。
 
アナハゼやヒイラギが連釣し始めたところで、再びシロギスを求めて移動。
ヒイラギは型のいいのをキープしました。
 
あ、そうそう、メゴチも1匹釣れましたけど、これは天ぷらネタになるのでキープです。
 
それから、通称「星」も釣れました。
何でこんなものが針に掛かるのか、不思議ですね。
 
アクアラインの南側に移動すると、何やら強い引きに。
仕掛け切れに留意しながら上げてみたら、イシモチでした。
 
シロギスもコンスタントに釣れるものの、イシモチもトータル4尾。
体高のある魚なので、引きが強くてスリリングです。
 
風が強くなってきて、釣り終了としたのは13:00。
 
本日釣れたのは、シロギス37匹、イシモチ4匹、メゴチ1匹、ヒイラギ8匹(4匹リリース)アナハゼ3匹(当然全てリリース)の53匹。
これだけ釣れれば、釣りに来たという実感が湧きますね。
 
これらの魚をどうやって食べたか。
明日の記事に書くことにします。
 
 
【今日のワンポイント】
・イシモチは、アクアライン南の6m前後で釣れた。シロギスより少し深いタナを狙うのがいいかも。

2017年7月22日土曜日

【ボート】シロギスを求めてアクアラインへ

先週は海が悪くて釣りに出れず。
今年に入ってからシロギスの釣果が今一つ、予報のいい今日は釣れるだろうと、一人でアクアラインまで釣行です。

マリーナに着いたのは8:00くらい。
クレーン待ちも短く、いざ、盤州目指して出航。
 
今日は海が穏やか、ということは風が無いんです。
なので靄がかかっていて、肉眼では海ほたるすら視認できず。
 
まぁ慣れた航路、GPSに残った軌跡を頼りに進めばいいだけなんですけど、それでも見えているのといないのとでは勝手が違うもの。
気付けば少しズレていて、針路を修正しての繰り返しです。
 
京葉シーバースも靄の中、ちょっと幻想的ですね。
おっと、やっぱり目をやった方に針路がズレるなぁ。
 
お、日通のRORO船だ。
このシルエット、いかにも早そうですね。
 
海が静かで走りが安定しているので、船内の写真も撮りやすい。
 
コンソールに3つ並ぶメーターの左は水温計。
これが飛び出しているのは、取り付け部分が破損してしまい、衝撃があるとコンソール奥に落ちてしまうから。
 
水温計は見ない訳にいかないので、落ちてしまうんだったらと手前に引き出しているんです。
シーズンが終わったら、これは直さなくっちゃ。
 
アクアラインに近づくと、先行の釣り船が何艘か。
よし、今日はこのあたりから始めるか。
 
時刻は9:00、午前中いっぱいか、遅くても14:00まで。
さぁて、釣るぞ~。
 
というところで、続きはまた明日。
 
 
【今日のワンポイント】
・マリーナの朝、8:00過ぎはクレーン待ち時間は短かい。

2017年7月21日金曜日

【グルメ】素晴らしく美味しい塩辛に出会えた

酒のツマミ用にと、プレゼントされた塩辛。
品川駅ナカに期間限定店舗があって、味見後に買って貰ったものなので好みであることは間違いなしです。
 
 
お店の名前は「駿河屋賀兵衛」、名前からして歴史があるんだろうと思ったら然にあらず。
1999年に設立、翌年に東名高速上り線の富士川サービスエリアに店舗を開設。
 
楽天のネット販売で拡大し、2013年に秋葉の日本百貨店、万世橋のマーチエキュートにと、東京進出果たした新興企業です。
 
日本百貨店でもマーチエキュートでも全く気付かずだったのが、品川駅ナカでは通路のいい場所にあったので思わず引き寄せられてしまいました。
期間限定店舗、実は宣伝効果バッチリなんですね。
 
このお店、塩辛の品揃え60種類なんだとか。
 
品揃えをざっと見ると、「いかタコサルサ」、「牡蠣オイル漬け」、「こく旨ねりウニ」など、こりゃ塩辛じゃないだろうというのは幾つかあるものの、飽きさせないための品揃えには感心。
ネットで伸びた秘訣はこの品揃えなんでしょうね。
 
今回選んだのは「暁」、お店の売り口上を文末に引用しておきます。
 
これを読んだのは買った後で、試食の際には「塩味は控え目でワタの味が濃くて、さっぱりした日本酒に合わせると旨味が倍増」という印象。
やはり日本酒のツマミを強く意識した仕上げのようです。
 
 
さぁて、実食。
う~ん、素晴らしい味です。
 
まずはワタの濃厚さに圧倒されて、口の中に旨味がジワっと広がります。
イカの身は普通の塩辛より歯応えがあって、噛むと更に旨味、ワタの旨味と融けあうんです。
 
ここで日本酒を一口。
塩辛の残り香が洗い流されるような、新たな旨味が加わったような。
 
こりゃ酒が止まらないなぁ。
日本酒の旨味をはっきり感じさせてくれる塩辛、素晴らしいです。
 
 
世には素晴らしい塩辛が他にもあるんでしょうけど、私が今迄食べたなものでは最高の味。
このお店の他の塩辛も全種類食べてみたい。
そう思うほど、「暁」の仕上がりは上々でした。
 
 
 
手間暇かけた、駿河屋賀兵衛の塩辛最高峰
 
酒飲みとディープなファンのための逸品
国産真いかをわたに漬け込み、30日以上もの長期熟成の暁に作り上げた、イカと腸の旨み溢れる逸品。
天日干ししてから漬け込むことにより、旨みを凝縮し、味わいに深みを出しています。
天瀬戸内の焼塩を使用し、カドのないまるみのある仕上がりに。いかの風味と旨みを堪能できる、芳醇かつ濃厚な旨みが特徴。
うまい日本酒で一献。

2017年7月20日木曜日

【グルメ】開店したてのインドカレー店、激辛マトンカレーの味はと

日曜日の昼食、この日は外食で済ませようか。
外を出歩くのも気怠い日、よし、最近できたアジア料理「ドルフィン」のテイクアウトを利用してみよう。
 
店内だと800円ほどするカレーがテイクアウトだと500円。
ナンのお代わりができないのと、サラダがついていないのとで安いんでしょう。
 
まぁそれほど沢山食べる訳でもなし。
500円で十分ですね。
 
今回オーダーしたのはマトンカレーの激辛。
ナンはアルミホイルで包んであるので、家に持ち帰るまで温かい。
 
激辛といっても店によって随分と差があるんだよなと思いつつ、この店はどんなものか。
さぁて、頂きま~す。
 
まずはカレーを一口。
うん、普通に辛い。
 
激という印象はないものの、辛さは本物。
これなら十分満足できます。
 
マトンも4つしっかり入っていて、カレーの味を支える旨さ。
食べ続けても飽きない辛さはいいものです。
 
ナンは少々粉っぽいかな。
もう少しバターを効かせた方が好みですけど、これもまぁ満足できる味。
 
お店は下総中山駅から徒歩5分ほど。
昼間は電気を消しているんですけど、営業中の看板が出てればやっています。
 
何か特徴を出して、長く保ってほしいお店。
頑張ってほしいものです。
 
 
ドルフィン
千葉県船橋市本中山4-25-16
047-303-3966
営業時間 11:00~15:00、17:00~23:00
定休日: 火曜日
 

2017年7月19日水曜日

【グルメ】達人に頂いた黒鯛、刺身と煮付けで存分に

 
クラブハウスの外に出ると、人の良さそうな方がこっちを見ています。
 
どこかで会った人だったかな。
にっこり軽く会釈すると、我々仲間の一人がその方の釣果について確認。
どうやら陸っぱりで黒鯛を釣っていたようで、30分で3匹釣れたとのことでした。
 
「え、この近辺でですよね。餌は何を使うんですか?」
「その辺の岸壁にいるカニです。」
確かに地のものを使うのが自然なんでしょうけど、それにしても凄い釣果。
 
「あ、どうせ全部食べ切れないんで、クーラーから1匹持って行ってくださいよ。」
 
なぬ、何とも太っ腹じゃないですか。
釣れる自信のある人は、釣果に関して執着なく気前がいいんですね。
 
丁重にお礼を言って、40cm強の黒鯛を1匹。
せっかくなのでマリーナで半分を刺身で食べて、残りは持ち帰ることにしました。
 
持ち帰った半身、いいサイズですね。
 
浦安でこんなにいいサイズの黒鯛が釣れるなんて驚き。
達人ならではの技もあるんでしょう。
 
調理はと。
新鮮なので刺身をメインに、アラは煮付けにするか。
 
色気もなくただ盛っただけ、でも新鮮さは伝わるのではと思います。
 
まだ固さが残っていて、弾力のある噛み応え。
ムッチリとした身には旨味たっぷり、真鯛の刺身と同じ味で堪らない美味。
 
アラ煮付け、骨が多くて固いので食べ難いものの、味は素晴らしい。
アラから出る出汁がよく効いているからでしょう。
 
たっぷり楽しめた頂き物。
黒鯛の達人さん、ありがとうございます。
 
 
【今日のワンポイント】
・アラ煮煮汁のレシピをメモしておきます。
・酒200cc、水を同量。魚を入れて火にかけて、沸騰したら弱火にして砂糖大さじ5を入れる。
・そのまま10分ほど煮付けて、味醂を大さじ2で仕上げ。
 
 

2017年7月18日火曜日

【ボート】浦安魚市場で食材買って、マリーナで天ぷら

とある土曜日、この日は釣りの予定だったものの、海況が悪かったので中止に。
代わりにということで、浦安魚市場で買い物をして、マリーナにて天ぷらをすることにしました。
 
浦安魚市場に到着、11:00と魚市場としては閉店に近い時間ながらもお客さんの数が多いなと。
スーツケースを引き摺る中国人観光客までいたので、石原さとみが出ていた東京メトロのCMの影響もあるんでしょうね。
 
 
ちょうどいいことに、シロギスやメゴチの天ぷらネタも置いてあったり。
野菜も仕入れて、準備万端でマリーナへ。
 
マリーナでは、食材を切るだけで準備完了。
魚を捌く手間もなかったのでかなり楽々、さて、天ぷらの開始!
 
最初はメゴチ、そしてシロギスへ。
 
フワッとホロホロ感は釣りたてには敵わないものの、どちらも鮮度がいいので天ぷらできるんです。
独特の淡い旨味がたまらないですね。
 
メゴチもシロギスも5匹250円、ってことは1匹50円。
ってことは、100匹釣ると元は取れるということに、意外にハードルが高いことを実感です。
 
最初はスパークリング、続けてこのKAVALAN。
ゲストが持って来てくれた台湾製のウィスキーです。
 
初めて知ったんですけど、台湾製のウィスキーって流行りらしい。
これはシェリー樽で熟成したシングルモルト、ウィスキーでありながら紹興酒のような風味も楽しめる面白い味です。
 
アルコール度数57.8度と強烈なんですけど、水で割っては勿体無い高級酒。
酔いが一気に進むものの、新鮮な味に暫し酔いしれます。
 
天ぷらは舞茸に茄子、そして再びメゴチにシロギス。
う~ん、酒が進んでしまうけど、この美味しさが堪らないんですよね。
 
七輪で焼いていたホイル焼きも完成。
シメジとアスパラ、塩胡椒で味付け、胡麻油で風味付けしただけですけど、ホイル焼きはしっとりと美味です。
 
マグロ尾肉のホイル焼き。
浦安魚市場で2個500円で買ってきたもの、下味に適したものがなく、アルミホイルで包んで焼いただけ。
 
とはいえ、ゼラチンたっぷりで肉のような焼き上がり。
量が多過ぎた感はありますけど、いい焼き上がりで味はバッチリでした。
 
海老も天ぷらに。
オーソドックスながら、天ぷらには外せない一品ですよね。
プリッと食感が堪らないです。
 
そうだ、鰻の肝もあったんだ。
火力が落ちてから焼いたので網にくっついてしまったものの、甘辛い味付けは屋外食 向けでした。
 
今回もいろいろ食べたなぁ。
まったりと美味しいマリーナの午後、今回も楽しめました。
 
 
【今日のワンポイント】
・シロギスもメゴチも、浦安魚市場では1匹50円。釣るより買った方が安いかも…