Adsense

2016年12月31日土曜日

赤坂見附の「カンティコ」、想定以上の満足感

年内最後の記事は、美味しかったイタリアンについて。
貯め置き記事が幾つもあるものの、また年明けに公開していくことにします。
 
今回行ったのは元赤プリ、東京ガーデンテラス紀尾井町にあるイタリアン「カンティコ」。
できたばかりのお店ながら、食べログ評価も3.5に迫ろうというお店です。
 
決して安くはないものの、たまには贅沢。
ランチなら、コースでも何とかなりますしね。
 
まずはスプマンテで乾杯。
 
オーダーする飲み物を挙げる時、「スパークリングワイン」と「シャンパン」を言い分けているのはさすがです。
いい香り、酸味が強い美味しいスプマンテでした。
 
バスク産鴨胸肉の燻製とフォアグラ。
 
鴨肉は、口に入れると絶品の旨さ。
肉そのものが絶妙なしっとりさで、こんなに美味しい鴨は初めて食べました。
 
フォアグラの美味しさは言うまでもないですけど、周囲のキャラメルナッツと合わせると、トロリとした脂に香ばしさも加わります。
このお皿だけでも大満足。
 
続けてボルチーニ茸を練り込んだパスタに真鱈。
ボルチーニ茸そのままも入っていて、ジャガイモのソースにもよく合っています。
 
う~ん、美味しいなぁ。
 
白ワインに変えてと。
 
甲州に似ているものとお願いしたら、ピエモンテ産のものを持ってきてくれました。
蜜のような香りが含まれていて、後味もしっかりあるしっかりとした白。
 
平目と芽キャベツ、パンチェッタのソテー。
 
この平目、素晴らしい焼き加減。
中はしっかりと柔らかさが残りながら、表面は甘味がでる程度に焼いてあります。
 
芽キャベツのあっさり味、パンチェッタの塩味もいい感じ。
何を食べても美味です。
 
大満足でデザートへ。
 
苺のタルト、マスカルポーネジェラート。
 
タルトは苺の酸味、ジェラートはクリームチーズの爽やかなコク。
皿に横に引いてある線は実はバルサミコで、ジェラートを合わせると美味しさ倍増です。
 
コーヒーも苦味が強調されて、デザートの甘味にぴったり。
 
マカロン、マシュマロにチョコレート。
どれも個性ある味、最後の最後まで楽しませてもらいました。
 
いや~、美味しかった。
完成度の高い料理、素晴らしい年末の1日になりました。
 
東京ガーデンテラス紀尾井町には他にも美味しそうなお店が多数。
何かの機会に、また利用することにします。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿