Adsense

2016年12月16日金曜日

作り置き料理も、品数が少ないと楽々

今週の作り置き料理、少なめに9品。
 
土日いずれも外出の用事、土曜日の午前中、スーパーでの買い物も含めてで、品数を控えておきました。
不足する分は、スーパーの惣菜でカバーすればいいですからね。
 
 
まずは小松菜の煮物。
ほうれん草は相変わらず高くて、小松菜は半額程度、なので今回も小松菜にしておきました。
白だしで味を整えているので、間違いない味。
 
じゃがいものツナ和え。
煮て柔らかくしたじゃがいもに、ツナ缶を合わせてごま油と醤油で味付け。
ごま油の風味がいい感じです。
 
もやしのピリ辛ごま和えは、豆板醤で味付け。
もやしのシンプルさは、どんな味付けにも合いますね。
 
煮たまごは、ゆで卵にした時に黄身が寄ってしまっていました。
ラーメンの具の印象が強いですけど、パンに挟んでもいけます。
 
しらたきの野菜炒め。
しらたきの水をよく切って、更にフライパンで水分を飛ばすのがポイント。
オイスターソースの味がよく染み込んでくれました。
 
ちくわとピーマンのねぎ味噌焼き、味が濃いので、御飯と一緒に食べるのに向いています。
ねぎ味噌は日持ちがいいので、作り置いて焼き魚に乗せるのも良いらしい。
 
鶏もも肉のわさび醤油 。
皮側から焼くと、油を敷かなくても調理できます。
バジルとニンニクもきかせているので、いい風味に仕上がりました。
 
オイスター鶏もも唐揚げは、2時間ぐらい漬け込んだので味が染み込んでいます。
脂は多いですけど、むね肉よりもも肉の方が美味しい唐揚げになりますね。
 
最後は豚の生姜焼き。
食べる時に焼けばいいやと、包装トレーに漬け汁をかけてそのまま保存。
さて、どんな味に仕上がることやら。
 
 
ゆっくり作っても、この程度なら2時間弱で済みました。
まだまだ効率化の余地は大ですけど、料理作りも随分と慣れてきたことを実感です。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿