Adsense

2016年10月1日土曜日

味仙の台湾ラーメン、生麺タイプを食べてみた

お店で感動した味仙の台湾ラーメンに近い味なんだろうか。
これを確認したくて、初挑戦の生麺タイプを名古屋土産に買ってきてもらいました。

これがその生麺タイプ。
名古屋のスーパーに売っているとのこと。
 
賞味期限は1週間ほどしかないのと、挽肉等の具を自分で作らなければいけないのが乾麺タイプとの違い。
お店で食べて気付いたのは、要は具が勝負だということ。
なのであの味を再現するのは難しいかな。
 
まぁとにかくやってみよう。
豚の挽肉にニンニクをタップリ効かせてと。
 
辛さも加え、味はニンニク醤油で整えます。
味仙の味を正確に覚えている訳ではないでので何とも評価できず。
 
とにかく食べてみよう。
頂きま~す。
 
改めてお店で撮ったものと見比べてみると、肉の量がちょっと少ないかな。
 
まずはスープから。
う~ん、辛くないのはお店と一緒ですけど、何か違う気がするんだよな。
 
挽肉を食べても似た感はなく、別物だと思って食べた方がいいんでしょうね。
 
麺ももう少し太かった気がするんですよね。
とはいえ、美味しいには美味しく仕上がって、スープまで含めてズズッとあっという間に完食。
 
本当の味はお店でのお楽しみ。
インスタントはインスタントとして、美味しく食べることができるのは素晴らしいじゃないですか。
 
乾麺タイプよりそれっぽいので、これはこれでお勧めですよ。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿