Adsense

2016年9月29日木曜日

「わさびオイルふりかけ」を料理に

お土産で頂いたわさびオイルふりかけ。
 
アヒージョ風と書いてありますけど、さて、どうやって食べればいいのやら。
 
ご飯にそのままかけても美味しいらしいんですよね。
でもせっかくだから、料理に使ってみようかなと。
 
一先ず味見をしてみると、わさびは風味がある程度です。
 
どちらかというと、オイルでしっとり。
揚げたニンニクの風味もかすかにあるので、これは今日の料理にぴったりだな。
 
その料理というのは、小ワカサギのフライ。
パッと見は煮干のようですね。
 
実際に大きさは煮干程度ですけど、珍しく生のままで売っているのを発見。
値段は200円台だったかな。
 
どうやって料理するか、とりあえずエスカベージュにでもするかと揚げてみたところ、風味があってそのまま食べても美味。
カレー塩をつけてもいい味で、全てそうしようかと思ったところで、待てよ。
 
わさびオイルふりかけをのせても美味しいんじゃないかと、試してみたらぴったりでした。
 
ワカサギは結構な量があったので、ジェノベーゼソースも出してみてと。
さて、頂きま~す。
 
カレー塩は、若干ジャンキーな味がいいですね。
屋外で食べるならこれでしょう。
 
ジェノベーゼは、少々しつこいかな。
ほんの少量ならいいんでしょうけど、つけ過ぎると魚臭い印象になってしまいます。
 
わさびオイルふりかけは、しっとりと柔らかさを補ってくれます。
ほんのりわさび風味、噛むと旨味が活きてくるので、これがやはりベストかなと。
 
_20160924_083205
パンにのせてもなかなか。
朝食の味わいを簡単に増してくれます。
 
ホタテなんかにも合いそうなので、また試してみたいと思います。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿