Adsense

2016年9月24日土曜日

大勢での手巻き寿司、いつ食べても美味

9月最初の土曜日、毎年やっている実家での手巻き寿司。
今回も様々な食材を持ち寄ったので、覚えている範囲で簡単にご紹介です。
 
Image 2016-09-04 at 21.52
まずはメインの寿司ネタから。
 
ど真ん中の大きな写真が刺し盛りで、蒲田駅東口のグランデュオ地下、魚力で買ってきたものプラスα。
αは、酢ダコと甘エビ、スモークサーモンです。
お店の容器をそのまま使って、とにかく色々乗っけてしまえと。
 
値段の割に盛りも多くて、そこそこ新鮮な刺身ばかり。
さすがは勢いのある会社ですね。
 
 
同じ魚力で買ってきたのは、その右にある鰺と生シラス。
鰺は定番、生シラスの微妙な苦味が手巻き寿司にもいいというのは今回の発見です。
 
刺身が美味いと、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。
今回もたらふく食べましたけど、寿司以外に多数のオカズも食べてしまいました。
 
 
写真上段のオードブル、オリーブの実とサラミにトマト。
オリーブは四種の味付けで、様々な風味を楽しむことができました。
隣のチーズ三種もですけど、ビールにもワインにもよく合います。
 
ママカリはそのままでも、手巻き寿司の具としてもいける美味しさ。
 
焼き豚も鶏肉も、魚に飽きた時には最高にツマミでした。
 
あ、そうだ。
手巻き寿司の具がもう一つ、イクラに飛びっ子がありました。
 
両方を一緒に巻くと、イクラのトロッとした美味しさに飛びっ子のプチプチ。
この食感と味もなかなかだというのが今回の2つ目の発見でした。
 
 
あれっ、写真最下段のは、どれも食べていないぞ。
席から遠い場所にあったのと、他のものを食べ過ぎて手が伸びなかったのと両方ですね。
 
 
美味しいものをとにかくいっぱい食べた、幸せな土曜日でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿