Adsense

2016年8月18日木曜日

新選組ふるさと歴史館、見学者は1人のみ

用事が済んだ後、新選組ふるさと歴史館に。

朝一に日野宿本陣に行って新選組と日野の繋がりを理解
。知識を補強しておこうと、いかにもそれっぽいところに寄ってみることにしました。
日野市役所に車を停めてと。
歩いて3分ほど、見えてきたのが住宅街にある新選組ふるさと歴史館。
 
もう少し賑やかなのかと思いきや、周囲には誰もいない静か~な佇まい。
駅から離れているし、場所が良くないんでしょう。
 
館内に入ると、お客は私一人だけ。
 
エントランスのみ撮影OKとのことで、爪楊枝で作ったという土方歳三の肖像をパチリ。
並大抵ではない根性が要る作業です。
 
お客さんの数が示す通り、展示物はそれほどのものでもなく。
 
とはいえ、八王子千人同心が新選組の源流であるとか、京都での活動(暗躍?)、函館に至るまで、新選組隊士の生き様を効率良く知ることができます。
 
時代の流れが仇になったものの、彼らは彼らで立派に役目を果たしたんですよね。
 
所要時間は30分ほど。
空いているし、冷房も効いているので、快適な一時を過ごすことができました。
 
展示物はほとんど記憶がないですけどね(笑)
 
家への帰り道、突如降り出したゲリラ豪雨。
窓を開けて走っているときで、前方で何か降っているぞ、う、これは!
 
気付くのが早く被害はなかったものの、歩道には傘無しでずぶ濡れの人多数。
車で行っておいて良かったなという一コマでした。
 
日野の街も、もう少し詳しく調べてみると意外に面白いのかも。
そんな雰囲気を感じさせる一日でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿