Adsense

2016年7月9日土曜日

神楽坂、品数タップリのランチ焼肉

6月中旬の日曜日、この日は神楽坂にて、ランチ焼肉。
 
普段は焼肉を食べることはほとんどなし。
たまには美味しい和牛でも食べようか、そんな企画でした。
 
行ったお店は「翔山亭 茶寮」というところ。
神楽坂には「翔山亭 」が2つあるんですけど、早稲田通りから一本入った芸者新道沿い、静かな店舗です。
 
お通しは生麩、馬鈴薯と南瓜、鶏ささ身。
どれも薄味で、後に来る牛の邪魔にならないような味付けでした。
 
まずはビールから。
クイっと飲む一杯目、たまらないですね。
 
続けて時雨煮と牛肉寿司。
酒のツマミには最高の品々。
 
サラダで口直し。
シャキシャキした野菜の歯応えが素晴らしい。
 
冷やし茶碗蒸し、野菜たっぷり餡掛けで出汁がきいていて美味しいこと。
これを食べることができただけでも満足感十分かな。
 
お、メインの焼肉。
これで3人前ですけど、凄い量ですね。
 
各種それぞれ一人2枚。
ABCとあるのは、それぞれ適したタレの種類です。
 
大まかに言えば、Aは肉自体がコッテリ、CはさっぱりでBがその中間。
Bだけは山葵おろしでサッパリと食べるという構成です。
 
サシが多い肉は美味しいんですけど、脂っこいのでそれほど食べられず。
高級和牛には身体が馴染んでいないようです(笑)
 
うぅっ、まだあるぞ。
もう2品、計7品の和牛がついて、コースで4,000円というのはお得ですね。
 
ボリューム感に圧倒されつつ、それでも美味しく全てを食べ切ることができました。
 
食事はサッパリと冷麺にしておきました。
 
この冷麺も、ムッチリと噛み応えがあるんです。
どことなく沖縄の冷やしそばに似た味で、口の中はサッパリ。
美味しい冷麺でした。
 
食事後には、どら焼きと桜塩羊羹。
どちらもきっちりとした甘さ、満腹感を感じさせてくれます。
 
お洒落な街で和牛を腹一杯。
贅沢ですけど、たまにはまぁいいかな。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿