Adsense

2016年6月29日水曜日

大賀ハスの気品ある美しさ

季節モノなので、他の記事より優先してアップするのは、今が最盛期の大賀ハス。
 
正確には、最盛期を少し過ぎたかもしれないですけどね。
あと2週間ぐらいは楽しめそうなので、今のうちに書いておこうかなと。
 
日曜日の朝、行ったのは千葉公園。
 
昨年も同じ頃に行ったので、駅からの道順や公園内の様子は覚えていました。
現地に着くまでは全く思い出せないのに、景色を見ながら歩き始めた瞬間に蘇ってくる記憶。
 
不思議なものですね。

でも、花の美しさは、記憶よりも実物の方が遥かに上です。
均整のとれた花、なんて綺麗なんだろう。
 
蕾ではトンボが一休み。
花の美しさに見惚れているような姿です。
 
下方から空をバックにと思ったら、右側に虻、左上遠方にはジェット機。
偶然ながら、いろんなものが飛んでいました。
 
花托が黄色いのは咲き始めて2日目なんだとか。
花が開いているのは9:00頃までで、最も優美なのはこのタイミングだそうです。
 
緑がかってきたのは3日目。
上の写真と比較すると、花弁の色も少し褪せているのがおわかり頂けますよね。
 
4日目には散ってしまうそうで、儚い美しさというのは大賀ハスと言えども変わらぬようです。
 
日光に透ける花弁、みずみずしいです。
今年もこの感動に浸れた幸せ、来年もまた期待です。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿