Adsense

2016年6月18日土曜日

スペーシアに乗って、栃木の観光に

5月の最終日曜日、この日は栃木観光に。
栃木といえば日光や宇都宮、那須あたりを思い浮かべるでしょうけど、今回は栃木市に行ってきたんです。
 
行くと決めるまでは、そんな市、あったっけ?というのが正直な感覚。
なぜ栃木市を選んだのかというのは、追い追い書いていくことにしましょう。
 
出発は東武の浅草駅。
このレトロな駅の存在は知っていたけど、中に入るのは初めてのことです。
 
時間節約のため、行きはスペーシアに乗ることにしたんです。
栃木駅までは約1時間、鈍行列車よりも30分早いんですよね。
 
急ぐ旅ではないものの、朝の30分は貴重なもの。
 
車内に入ると、おぉ、結構立派な座席じゃないですか。
最近の新幹線ほどではないものの、間隔も広くてゆったりできます。
 
鈍行列車との差は1,000円ちょっと、損は全くないですね。
 
スペーシアの見た目は速そうですけど、北千住まではの〜んびり走ります。
最初は見掛け倒しかと思ったものの、住宅地なので騒音を気にしているんでしょう。
 
周囲が田畑になるとスピードアップ。
でも、絶対的なスピードがある訳ではなく、停車駅が少ないことによる時間短縮でした。
 
栃木駅近くになると、田植えの平和な風景。
心が和みます。
 
栃木駅ではまず観光案内所に。
ボランティアガイドさんが待っていてくれて、10時30分から1時間半、街を案内してくれるんです。
 
まずは駅前のモニュメント。
ガイドさんの「何だかわかります?」に、皆沈黙。
説明してくれましたけど、忘れてしまったなぁ。
 
さて、いよいよ栃木の街へ。
今まで全く知らなかったですけど、ここは歴史のあるところだったんですねぇ。
 
と、いうところで、続きはまた明日。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿