Adsense

2016年4月11日月曜日

「BOSSO」という名の房総食材のイタリアン

仕事帰り、神田の「BOSSO」にて飲み会。
房総の食材を使ったイタリア料理店だそうで、ワインも多種多様、好みのお店です。
 
まずはビールとフリッターから。
柔らかい仕上がりでした。
 
生ハムとカルパッチョ、定番のツマミですね。
カルパッチョのホタルイカがコクのアクセントになっていました。
 
チョリソーも程よい辛味で、食欲がそそられること。
普通のポテトも美味しいのは、食材がいいからなんですかね。
 
細長い店内、様々なワインでいっぱい。
マルケの白、サンジョベーゼと…シラーを飲んだんだっけかな。
 
美味しい料理とワインに反比例して、記憶はどんどん薄れていきます。
 
写真を撮るタイミングが遅れて、7割程食べてしまってから撮ったチーズの盛り合わせ。
 
ホンビノスの酒蒸し房総っぽい味で美味しかった〜。
 
オイルサーディンのピザ、チーズ無しでも味は確か。
 
ホタルイカ、キノコにドライトマトのオリーブオイル和え。
オリーブオイルがホタルイカに合うなんて。
 
後日、ワサビ醤油とオリーブオイルを混ぜて、ホタルイカを和えてみましたけど、これもなかなかの味。
手軽にできるツマミを発見です。
 
 
最後に飲んだ白ワイン、お店お勧めのイスラエル産だそうです。
 
赤を飲んだ後でも負けない重い白、味は非常に素晴らしかったんですけど、ここに至るまでに飲み過ぎて、全てを飲み切ることができず。
 
裏路地の目立たないお店ですけど、ここはまた来てみたいな。
何かの時のため記憶しておきます。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿