Adsense

2016年3月26日土曜日

多彩な味、「なか梅」多彩な味、「なか梅」の天ぷら

福岡物産展の美味いもの、お次はさつま揚げ。
北九州、門司の「なか梅」のさつま揚げはプリッとしていて、試食をしたらもっと食べたくなったんです。
 
1つ300円、4つ買うと1,000円。
門司のお店と同じ値段にしてくれるんです。
 
まずは焼きカレーと明太子から。
 
レンジで温めると、カレーの中のチーズが溶けて、さつま揚げとは思えないような風味に。
これは新しい味だ。
 
続いて明太子、しっかりと辛味があって、明太子のプチプチ感もしっかり残っています。
 
カレーも明太子も、何となくそれっぽい味がついているのではなく、それぞれ本格的な味付けを楽しむことができるのが素晴らしい。
 
続けて、フグとひじき。
 
フグは一つ食べてしまった後ですけど、まぁ細かいことは気にしない。
白い旨味の塊、フグはやっぱり美味です。
 
ひじきは、最もさつま揚げらしい味。
磯の香りに豆の風味、噛むほどに旨味が出てくるすり身。
さつま揚げも、仕上げのいいものは美味しいですねぇ。
 
 
そういえばさつま揚げって、福岡では天ぷらっていうんでしたっけ。
普通の天ぷらとどう言い分けるんでしょうかね。
今度調べてみよう。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿