Adsense

2016年3月17日木曜日

駅蕎麦のレベルを少し超える駅蕎麦

土曜日の午後、ホームパーティーに行く途中に寄ったのが亀戸駅の「文殊」。
駅そばで小腹を満たして行く算段です。
 
前回このお店に来たのは…これだ
1年8ヶ月前のことでしたけど、駅そばにしてはレベルが高いと記憶に残っているんですよね。

今回は軽く食べようということで、かけ蕎麦。
えっ!300円とは安いなぁ。
それじゃぁちょっと贅沢して100円追加で大盛りにしよう。

軽く食べるだけというのをすっかり忘れてますね…まぁいいか。
お昼時なので3分ほど待って、取りに行ったかけ蕎麦大盛り。
想像以上に麺が多いので嬉しくなります。
 
さて、頂きま〜す。
 
汁はカツオだしのが効いて甘め、少々酸味もあっていい味です。
蕎麦は細い割にはコシがあって、一口一口にしっかりとした満足感。
 
麺の量が多いせいで、一部が茹で上げ時に癒着してしまっていたのは細かな問題。
この満足感がたっぷり入った器、これが400円というのはやっぱり安いと思います。
 
店内の様子、少々古めかしいですけど、立ち食い蕎麦ではないので落ち着いて味わえるのもいいところ。
 
また機会があったら利用することにします。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿