Adsense

2016年3月1日火曜日

地元の魚をたっぷり味わう

アクアラインの渋滞で佐久間ダムへの到着が遅れてしまったので、予定を変更して次は昼食をと。
今回は奇をてらわず、2年半弱前の房総旅行で入った「the Fish」をチョイスです。

相変わらず開放的な店内。
写真は無いですけど、海まで見渡せてのんびり寛げます。
 
前回はピザとパスタにしたんだったなぁ。
よし、今回は刺身にしよう。
 
で、選んだのが「地魚漬け丼」、1,720円。
切身の一つひとつがデカいこと。
 
え〜と。
手前が鯵、時計回りに鱸(多分…)にブリ幼魚です。
 
タレは甘めで、白身の鱸には非常に良く合います。
鯵には薬味が欲しいところですけど、新鮮なのでこれはこれでいい味。
 
ブリ幼魚も歯応えがあって、刺身だけでもお腹いっぱいになるボリューム感です。
 
すし飯にも甘いタレがタップリ。
変化に富んだ味わいで、飽きずに食べ切ることができました。
 
箸休めのしぐれ煮。
これも噛むほどに旨味が滲み出てくるんです。
 
味噌汁は圧巻の旨さ。
アサリの風味がタップリと汁に出ていて、これをご飯にかけてネコ飯にすると、さぞかし素敵な味でしょう。
 
ついでに、今回一緒に行った母が注文した海鮮ちらしもパチリ。
 
しゃこ貝の器に入っているのがインパクトあり。
もちろん味もバッチリで、美味しい美味しいと言いながら喜んで食べていました。
 
 
居心地いい空間で、和も洋もいける金谷の「the Fish」。
機会があれば、是非寄ってみてください。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿