Adsense

2016年2月7日日曜日

着々と再建工事が進む旧吉田邸

鴫立庵を出て、次に向かったのは旧吉田邸。
 
吉田って誰だ?なんて野暮なことは聞かないでください。
言わずもがな、首相だった吉田茂です。
 
そういえば、「大磯詣で」なんて言葉もありましたね。
鴫立庵から旧吉田邸までは3km弱。
バスもありますけど、日頃の運動不足解消のため徒歩で向かいます。
 
途中には東海道の松並木もあったりして、のんびり歩くにはいい距離。
松の木は、間近でみると想像以上に高くて太いのに驚きました。
 
旧吉田邸に到着、さすが大物首相、入り口も立派なこと。
 
兜門は、サンフランシスコ講和条約を記念して建てたものだとか。
 
ん? サンフランシスコ講和条約って何だっけ?
「第二次世界大戦以来の戦争状態を終結させるため、サンフランシスコで調印された日本と連合諸国との講和条約(『日本国との平和条約』)である。」
 
そうか、日本の独立回復ですね。
それは門を建てたくなる気持ちもわかる。
 
白梅は青空を背景に、我が世の春とばかりに活き活きと咲いていました。
 
本当は自慢の日本庭園のようですけど、現在は工事中。
ポジティブに解釈すれば、この池の底をじっくり見られる機会なんて滅多にない、かな。
 
邸宅は再建中。
オリジナルは、7年前に原因不明の火災で焼失してしまったそうです。
 
七賢堂には、岩倉具視、大久保利通、三条実美、木戸孝允、伊藤博文、西園寺公望、そして吉田茂の7名が祀られています。
お参りすると、いかにも出世しそうな面々です。
 
ここからも富士山はよく見えます。
吉田茂も、同じ風景を見ていたんでしょうね。
 
邸宅は今年3月に完成予定とのこと。
春以降は観光客で賑わいそうなので、その前に行っておくのも一策です。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿