Adsense

2016年2月10日水曜日

国立博物館、戦国時代の美を堪能

特別展で入場しても、常設展も観ていけるということなので少し寄っていくことに。
 
さて、まずは本館から。
あれっ、写真にどこかのお嬢ちゃんが写ってしまったけどまぁいいか。
 
一先ず2階から観てみよう。
 
最初は縄文時代の剽軽な人形。
日本でこれを造っていたのは6世紀、その700年以上前の中国で大兵馬俑か。
造作のレベルが随分と違うものだなと。
 
いろいろな展示品があるんですけど、興味を持って観ることができるのは、やはり鎧兜ですかね。
これは室町時代の作、重要文化財だそうです。
 
ん?どこのだらしない爺さんかと思いきや、え?徳川家康。
 
国宝の太刀、上杉家に伝わったもので、上杉太刀というそうです。
見るからに切れ味抜群、威圧感があります。
 
十文字槍は、一見強力そうな武器に見えますよね。
 
でも、穂先が大きいので、普通の槍の倍以上の重さのはず。
体力がないと使い熟せないでしょう。
 
あ、この兜は図鑑や漫画でも見たことがあるぞ。
豊臣秀吉といえばこの兜ですよね。
 
秀吉から貰ったものとして、岡崎藩士の志賀家に伝わるものだったそうです。
 
鎧下着の現物は初めて見ました。
 
大河ドラマなんかでも、鎧を脱いだ時に着ているやつ。
意外に綺麗なのは、死出の装いだからでしょう。
 
へぇ、江戸時代の布団はこんな形のもあったのか。
当時の隙間風ビュービューの家でも、こんな布団があれば何とか過ごせるかも。
 
中央にいる在原業平は、昼寝しているのではなく死んだんだそうです。
 
人間だけでなく、天女や動物までもが嘆き悲しんでいる。
涅槃仏図のパロディーですね。
 
 
久々に来ると、見るもの見るものがなかなかの見応え。
大英博物館等と比べてショボいイメージでしたけど、日本の国立博物館も侮れないです。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿