Adsense

2016年1月25日月曜日

越前ガニをはじめ、魚介が美味なアキバの「響」

年に1回は会う中国人の友人との飲み。
お互いに帰りも楽な場所ということで、秋葉原の「響」にすることにしました。
 
刺身は真鯛とサワラと…何だろう。
何とか鯛、かな。
 
寒ブリとかマグロといったオーソドックスな魚ではないのがこの店の拘りですかね。
店員さん、魚の名前も解説できればベストでしょう。
 
新鮮な野菜のサラダ、シャッキシャキでした。
 
越前ガニこれが美味しかったんですよ。
 
ぱっと見はズワイガニ、本当に越前なのかどうか。
そもそもそも越前ガニって、何が違うんだろう。
 
食べてみて、味が濃いのに驚いたんです。
 
レモンもカニ酢も不要なほどのしっかりとした風味。
旨味がギュッと凝縮した身は口の中でほろほろと崩れて、暫し無言でカニに集中です。
 
チーズの盛り合わせ。
ブルチーズはちょっとさっぱりし過ぎていましたけど、その他はクリーミーで魚の口直しにはいい味でした。
 
ブリ大根、これも美味しかったなぁ。
適度な甘辛さで丁寧に仕上げられた味でした。
 
タラの焼き物、白子添え。
白子の濃厚さ、身の焼き加減、いいものです。
 
ラストのツマミ、ホヤの塩辛。
これもホヤの風味が出ていて旨かったなぁ。
 
サントリーのお店なので、飲み物はハイボール。
響を2杯、山崎を2杯。
ハイボールにしてしまうのは勿体無いですけど、翌日の仕事のことを考えると仕方ないですね。
 
値段はソコソコで美味しいお店。
結構お勧めだと思います。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿