Adsense

2016年1月22日金曜日

昭和なラーメン店、極めて美味なチャーシュー

昨日まで書いてきた降下訓練始めからの帰り道。
京成線の八千代台駅まで30分弱歩いて、駅の周辺で昼食をと。
 
駅の近辺で、ユアエルムに向かって渡り廊下を歩いていると、左手にこんな看板を発見。
 
「味の太郎」、手打ちラーメン、一口餃子か。
このレトロな雰囲気、よし、行ってみるか。
 
ビルはかなり年季が入っていて、店の外観もいかにも昭和。
こういうお店、お客さんに長年愛顧されているから残っているんしょう。
 
店内も時代もの。
入った時にお客さんは6〜7人いました。
 
メニューは片面のみ。
オーソドックスな中華屋さんですけど、値段は普通ですかね。
 
よし、今回は歩いた後なので、味噌ラーメンの大盛りにしよう。
 
5分ほどで運ばれてきた味噌ラーメン。
 
それにしても木耳が多いですね。
チャーシューも薄いピンクで美味しそう。
 
スープは薄味で、辛味はさほどなし。
野菜もたっぷりで、健康的な印象です。
 
さて、麺をズズっと。
 
平麺なのは手打ちだからでしょう。
箸からツルっと滑る張りのよさ、噛むとむっちり歯応えがあります。
 
そして何と言っても素晴らしい仕上がりなのはチャーシュー。
 
豚肉の旨さを存分に引き出しつつ、柔らかくてサッパリとした薄味。
脂こってりで味の濃いものが多い中、このお店のハムのようなチャーシューは新鮮に感じます。
 
木耳のコリコリ食感も心地よいし、食感豊かなラーメン。
大盛りにしては量はそれほど多くないですけど、これなら充分に納得です。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿