Adsense

2016年1月16日土曜日

贅沢茶漬け、名前に違わぬ贅沢な味

これはどこで頂いたんだっけかな。
暫く前のことなのでよく覚えておらずですけど、美味しそうだという印象は記憶にあったんです。
 
賞味期限はまだまだ残っているものの、気付いた時に食べないとそれっきりになる恐れありですよね。
 
「勝喜梅」というのは、この商品を作っている会社名、有名なお店みたいです。
 
どれどれ。
ネットで特徴を調べてみると…
 
「紀州南高梅そのまま1粒」
ふむふむ、フリーズドライではなく、生の梅干しを個別包装、確かに贅沢です。
 
「茶漬けの素は北海道産の昆布をベース」
なるほど、出汁が効いていて美味しそうですね。
 
ご飯に振りかけて、梅干しを乗せてお湯をかけてと。
さて、いただきます!
 
ズズ〜ッ
う〜ん、出汁の風味が凄いです。
あられの香ばしさもあって、確かにこれは美味なお茶漬け。
 
次に梅干しを囓ってみると…
酸味のなかから明確な甘味、存在感のあるジューシーさは、さすが紀州の梅干し。
 
お茶漬けとのバランスも良くて、スルスルと食べ進めてしまう素晴らしい味でした。
 
値段は1パック270円とのこと、こちらも贅沢ですねぇ。
とはいえ、値段なりの満足感があることは間違いなしなので、機会があったら是非。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿