Adsense

2016年1月14日木曜日

地元では2時間待ち「けんぞう蕎麦」の味

ふるさと祭り東京の続き、「食」の第2弾です。

見てくださいよ、この幟の数。
 
東京ドームのグラウンドいっぱいに広がってますね。
これがほぼ全て食べ物のお店です。
 
こんなに食べ切れな〜い。
いやいや、大食い選手権の人を連れてきても無理でしょう。
 
「フジテレビ系列ご当地テレビ局オススメ逸品ストリート」(←長過ぎ)で見かけた「けんぞう蕎麦」。
ちょっとお腹が張ってきたし、蕎麦もいいなぁ。
 
むむ、ここで手打ちしているぞ。
商業主義に走らず、味へのこだわりですかね。
 
へぇ、地元の福井県では1〜2時間待ちか。
そんな蕎麦を並ばずに食べることができるというのも、こういうイベントのいいところでしょう。
 
メニューは非常にシンプル。
お店でも2種類のメニューしかないそうです。
 
十割蕎麦を辛味大根ベースの汁にくぐらせるのが、このお店の特徴。
これは「辛い」と書いてある「けんぞうそば」を食べるしかないでしょう。
 
蕎麦汁が白いですね。
早速食べてみると…
 
うん、これは確かに美味い。
辛いには辛いんですけど、蕎麦の美味さを引き立ててくれる辛さ。
汁にベッタリ浸けるのではなく、軽くくぐらせる程度がポイントです。
 
蕎麦もしっかりコシがあり、喉越しも爽快な素晴らしい味。
これは並んででも食べたくなる味でしょう。
 
あともう一品だけ、でも結構お腹いっぱいなんだよなぁ。
 
おぉ、名古屋の味噌カツがあるじゃないですか。
串1本食べるればちょうどいいでしょう。
 
お祭りの屋台で売ってそうな庶民的な味。
甘い味噌ダレが満腹を感じさせてくれて、締めにはいい味覚でした。
 
もう一つの楽しみ、各地のお祭りについて、明日の記事に書きます。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿