Adsense

2015年12月6日日曜日

清澄庭園にヒッチコックの「鳥」

理大祭からの帰り道。
ちょっと寄ってみようと思ったのが、大江戸線一本で行ける清澄庭園です。

移動時間は30分弱、紅葉の様子を観てみたかったんです。
入り口に行列ができているということは、これは期待できるか。
 
前に並んでいる外国人、厚切りジェイソンみたいな後ろ姿ですね。
 
あれ、紅葉はほとんどないです。
 
池の向こうの涼亭、そして空には鱗雲。
綺麗な風景ですね。
 
あ、紅葉。
これはハゼノキ、モミジよりも早く紅葉するみたいです。
 
中の島への橋。
木造なんですけど上部はしっかり、崩れる不安感は全くありません。
 
ちょうど松の雪吊り作業をしてました。
 
ん?
そんなに大量の雪が降るんだろうか。
 
ハゼノキに下には落葉。
池の濃い色との対比が面白い。
 
ツワブキも、池に向かって元気よく。
寒くなっていく季節にこの黄色、明るい気分にしてくれます。
 
この庭園、奇岩がたくさんあるのも特徴。
こんな大きな石を運んでくるのは相当の労力だったでしょう。
 
石渡りもスリリング。
という程の大袈裟なものではないですけど、「池にはまる人、いるのよ〜」なんて話している人はいました。
 
カモメ?ウミネコ?
 
餌を巻く少女の周囲を飛び交って、まるでアルフレッド・ヒッチコックの「鳥」…
なんて言っても、わかる人はもはや少ないか。
 
 
てな感じで、清澄庭園もなかなか見処あり。
機会があれば、また行ってみようと思います。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿