Adsense

2015年12月3日木曜日

観音崎灯台は…見晴らし良すぎて怖かった

アクアマーレを出て、観音崎灯台入口までは歩いて5分ほど。
天気が良ければ気持ち良さそうな公園。
今回は一先ず灯台の雰囲気を知って、いずれまた見晴らしのいい日に来る価値があるかどうかを見極めることにします。
 
広々とした公園を灯台に向かって歩くことに。
平坦な道はいいんですけど、途中からは坂をひたすら登って。
 
と言っても、坂道は5分弱。
疲れていなければ、全く問題ないと思います。
 
灯台に入るのに200円。
保存のため、この程度の料金は仕方ないでしょう。
 
内部の階段は狭くてグルグル、想像よりも短時間で天辺に到着です。
 
灯火の下がこんなネジネジ型なのは何故か。
その昔は、分銅の重みを使って灯火を回転させていたとのことで、このネジネジが回転を作り出していたようです。
 
灯火は、凸レンズと同等の遠方照射効果を発揮させるためにこんな形なんだとか。
光のテクノロジーは、1800年代から進んでいたんですね。
 
周囲を見るために外に出て…
うわ〜、無茶苦茶怖い!
 
柵は低いし眺めは良過ぎ。
とりあえず写真を撮って、一周してとっとと中に…
 
うげ〜、反対側に周ると、風が半端なく強い!
もうダメだ、飛ばされる〜
 
高所恐怖症の人は、やめた方がいいと思います。
実際には何の事故も無いんでしょうけど、思い出しただけでも怖くて仕方ない。
 
観音崎には砲台があったんですね。
2門の砲台がしっかり残っています。
こんな風景を巡るのもここの楽しみの一つでしょう。
 
帰りはバスで横須賀まで。
ヴェルニー公園からの自衛隊の艦艇、格好いいですね。


何回かに分けて書いた防衛大学校の記事もここまで。
お付き合いありがとうございました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿