Adsense

2015年12月24日木曜日

小綺麗な和食店で刺身と煮魚の定食

ニッケコルトンプラザでの夕食、今回は「和食 波奈」に入ってみることにしました。
 
かつて「築地 植むら」だった店舗。
そういえば、「和食 波奈」に変わってからも入ったことがなかったような気がします。
 
店構えが立派なので、敷居が高い気がしてしまうんですよね。
 
店頭のメニューをみると定食が2,000円前後。
決して安くはないものの、思っていたほど高い訳ではないようです。
 
特選刺盛と煮魚御膳、1,880円です。
小鉢も付いていて、この量でこの値段なら決して高くはないですよね。
 
期待に胸を膨らませて、さて、いただきます。
 
まずは茶碗蒸しから。
 
小振りながらも銀杏その他の具もしっかり入っています。
味は特別というものではなく、普通に美味しい茶碗蒸しです。
 
よし、次は刺身だ。
 
奥の板、時計回りに鮪、真鯛、甘エビにハマチ。
お、ウニまで乗っているじゃないですか。
 
手前は鯵、波奈の本店が館山だけにこだわりの一品でしょう。
まずはこの鯵からパクッと。
 
うん。
美味しいには美味しいんですけど、先日食べた走水の鯵ほどには旨味はなし。
 
鮮度はいいものの、やはり地で食べるものには敵わないか。
 
 
他の刺身はと。
 
一番美味しかったのは鮪かな。
適度に脂ののったメバチでした。
 
ウニも新鮮で美味。
とはいえ、全般的に何かサッパリしているんですよね。
 
洗い過ぎなのか、味が抜けているような印象。
とはいえ、産地から離れているのでこれが標準的な味でしょう。
 
銀ムツの煮付け、脂がのっていてこれは美味。
甘めに煮付けてあり、野菜にも味がよく染みてました。
 
店内は半分がテーブル席、ゆったりとした造りで気分良く過ごせます。
 
残り半分がお座敷。
広さは不明ながらも、それなりの規模の宴会・法事にも対応できるようでした。
 
料理は若干高めながらも、ハイボールが380円とアルコールは安いんです。
 
全般的には、郊外のちょっと高級なファミレスという印象かな。
私自身が使う機会は限定的ながらも、この手の店が少ない地域なので、状況に応じて重宝するでしょう。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿