Adsense

2015年12月1日火曜日

三浦半島といえば、新鮮な刺身定食

訓練展示が終了したのは12:00。
 
防衛大学校を後にして、向かった先は大学すぐ北側の海沿いです。
と言っても、防衛大学校は山の上。
 
直で北側に行くにも道はなく、南側からぐるっと20分ちょっとかけて下っていくんです。

途中、こんなトンネルを通過したり。
車だとあっという間でしょうけど、歩くと結構いい運動です。
 
走水の北、このエリアにレストランは3軒。
全て見てから決めようと思っていたんですけど、お腹は空きまくり。
 
一番手前の「磯料理 旅館やまに」に入ることにしました。
 
まずはビール、喉の渇きを癒しましょう。
Z旗ビールなんていう帝国海軍っぽいものがあったので飲んでみることに。
 
色は褐色、さて、グイッと。
 
コックン、ブッハ〜。
ん? 苦くて甘いぞ。
 
かなり個性的な味、これは一杯目のビールではなくて、じっくり味わう一品でした。
 
頼んだ料理は刺身定食。
1,750円と2,300円というちょっとお高めの2種類しかなかったので、安い方にしておきました。
天婦羅定食も同様の値付け、お座敷なんかもあったりして、地元では法事なんかにも使われるお店の様相です。
 
もう一種類、横須賀ビールは地ビールとのこと。
 
しつこさはなく比較的さっぱり。
美味い!
 
なんて待っていたら、まずは先付け。
左から昆布の煮物、クラゲの梅和え、柿の白和え。
 
いずれも平均以上の味。
お腹が空いていたので、あっという間に完食です。
 
そして梅のジュース。
ビールを飲んでいたので不要といえば不要でしたけど、これもさっぱりいい味でした。
 
きた! 刺身定食。
 
刺身は、まず天辺に鯵。
右回りにヒラマサ、ホタテ、マグロときて、中央には甘エビ。
 
ご飯は紫蘇が乗せてあって、味噌汁はアサリ。
豪華なオカズがなくても美味しく頂ける味でした。
 
まずは鯵から。
 
走水は身の締まりがいい鯵で有名な場所。
期待に違わず、新鮮でコリっとした食感、噛むと旨味がジンワリ。
 
ヒラマサやマグロも豪快な切り方。
一口で食べようとすると口いっぱいに刺身が行き渡り、幸せな気分になれます。
 
ホタテも厚切りだし、三崎が近いせいかマグロもねっとりとした美味しさ。
う〜ん、値段なりの美味しさを堪能できました。
 
デザートは抹茶のババロア。
コーヒーが付いてくれればベストですけど、そこまで贅沢言ってはいけないですね。
 
このお店、小規模ながら旅館でもあるので、泊まってじっくり魚を味わうこともできそう。
何かの機会のため、覚えておきます。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿