Adsense

2015年11月9日月曜日

駅蕎麦にも個性があるもんだなと

医者に寄ってから出社した日。
会社に着く前に昼飯を済ませてしまおうと、四ツ谷駅構内の「お馴染み 田舎そば」に寄ってみました。
 
注文したのは冷やしたぬきそば、410円。
 
駅蕎麦のこの値段は結構微妙で、決して高くはないものの、満足度を考えると安い訳でもないような。
まぁ駅で手早く食べられる便利料も込みですかね。
 
 
早速ズズッと蕎麦を啜ると…
 
麺は半透明なので、蕎麦粉の比率は高くないんでしょう。
麺はふにゃふにゃではなく、しっかりとコシがあります。
 
冷しなので蕎麦自体の味はさほど気にならず、むしろこのコシの喉越しは心地いいかも。
駅蕎麦にしては珍しいかな。
 
汁の味は薄めで、醤油でごまかしている感はなし。
こう書くと美味い蕎麦と受け取られそうですけど、味はそれなり。
 
でも、しっかりとこのお店なりの主張を感じる一品でした。
 
場所は、中央線各駅停車の最も信濃町寄りの階段を上がったところ。
この店は過去何回も入っているんですけど、こんな個性があるところとは認識していませんでした。
 
機会があれば、改めて温かい蕎麦も食べてみようと思います。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿