Adsense

2015年11月5日木曜日

マホロバ・マインズの良い点と少し残念な点

3日目の観光に関する記事に行く前に、マホロバ・マインズ三浦の設備について書いておきます。
 
構造からして、元々はリゾートマンションだった建物みたいです。
客室数は295、収容人数は1,500人という超大規模な建物。
 
品川から60分しか離れていない地に、こんな大きな施設があったとは。
 
入り口には巨大な鮪の像。
やはり三浦半島といえば、三崎の鮪が有名なんですね。
 
七福神の大黒天と…もう一人は誰だ。
成金っぽい雰囲気は、何処と無く勝浦のホテル三日月にも似ているような。

メインロビーに入ると、フロントも見えない程のお土産屋。
徹底した商業主義にある意味感心です。
 
リゾートマンションなので、廊下が狭くてすれ違いもギリギリ。
エレベーターは生活リズムの異なる人達が使うことを想定して設置してあるので、朝食や夕食時、一度に宿泊客が動く時間帯は廊下まで大渋滞になります。
階段を利用しやすくしてくれればいいのに。
 
各フロアの廊下は野晒しなので、台風の日は濡れるでしょう。
開放感があっていいんですけどね。
 
 
そうだ、写真は無いけど、大浴場についても書いておかなければ。
2フロアにわたって風呂があって、夕方から深夜、翌朝と男女が交代になります。
 
露天風呂が付いているのは3階で、男性は朝の時間帯割り当てられてました。
 
泉質はナトリウム塩化物強塩泉。
かなり塩っぽいんですけど、身体は温まるし消毒効果もあるそうです。
 
天井や換気扇周りは古さを否定できずですけど、20m四方程と広々。
ゆったりと寛げる温泉でした。
 
 
良いところも悪いところもありますけど、個性ある宿と言えるでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿