Adsense

2015年11月20日金曜日

戦闘機やヘリコプターの「顔」

戦術偵察が終わった後、さて、家に帰ろうかどうしようか。
 
朝早起きだったし、写真の整理もしなければ、早く出たい気持ちは強かったんです。
とはいえ、朝一のF-15機動飛行を見逃したのは悔しい。
 
よし、覚悟を決めて14:00までここにいよう。
こんな経緯で、地上に展示されている航空機を観る余裕ができた訳です。

まずはRF-4E。
ブルーのカラーリングは珍しいので、色がわかる角度で1枚。
 
そして次以降は、最近ハマっている真正面からの撮影。
各機体の表情が出るんですよね。。
F-4EJ改、古いデザインですけど、しっかり戦闘機の顔をしています。
 
F-2 A/B。
F-4とは異なり、コックピットからのの視界が下方にも開けているのがわかります。
 
T-4は練習機、ブルーインパルスで使っている機体です。
戦闘機よりも翼が上に着いていますね。
 
次はデカいぞ。
KC-767、ボーイングの旅客機がベースの機体。
 
CH-47もこの角度だと、ちょっと可愛らしい表情です。
 
UH-60、いかにも実用性がありそうなクレバーな面構え。
 
そして一見、攻撃ヘリのようなOH-1、実は偵察機です。
機動性能は無茶苦茶高いんですけどね。
 
こんな様々な顔を楽しめるのは百里基地ならでは。
さて、次の記事では、地上装備を観ることにします。。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿