Adsense

2015年11月17日火曜日

百里基地航空祭、戦闘機の航過飛行

10月最後の日曜日、この日は百里基地航空祭。
朝6:00前に起床して、東関東道経由で現地入りです。
 
途中の渋滞をGoogleマップを駆使して回避できたんですけど…
あれ、入り口まであと少しというところで捕まった。
2年前に来た時はこんな道じゃ無かったんだよなぁ。
 
なんて考えていると、F-15が基地上空を飛んでいる。
しまった、機動飛行に間に合わなかったぞ。
 
ふと地図を見ると、そうだ、前回は北駐車場に停めたんだ。
今向かっている先は正面ゲート、そりゃ混むに決まっています。
 
渋滞を抜け出して北ゲートに向かうと、スイスイと中に入ることができるんです。
いきなり痛恨の時間ロス。
 
北駐車場から管制塔を目指して歩いていると、遠方に6つの機影。
 
周囲の人は、
「お、ブルーインパルスだ。それにしても揃っていないなぁ。」
な〜んて言っていましたけど、今年はブルーインパルスは来ないんですよ。
 
近くまで来ると、異なる航空機の混成であることがわかりやすいですね。
 
中央がF-15、右翼の迷彩柄がRF-4Eで左翼がF-4EJ改。
慌てて撮ったので、左翼の1機が欠けてしまいました。
 
続けて、混成3機ずつに分かれて再び上空を通過。
 
そして最後は同型機の編隊で時速900kmでの通過。
もんの凄い爆音とスピードに圧倒されます。
 
そして着陸はF-4Eから。
着陸時、パラシュートを開いて減速するんです。
 
1969年から導入され、1986年まで主力戦闘機だったF-4EJ改。
現在の保有数は55機だそうです。
 
続いてRF-4EJ。
名前の通り、機体はF-4EJと同一です。
 
1991年から1993年にかけて、初期型F-4EJに偵察ポッドをつけて改修した機体。
この型は、百里基地にしか配備されていないようです。
 
そして最後はF-15、日本の主力戦闘機です。
 
200機ほどあって、一機当たりの調達価格は約120億円。
総額は…2兆4,000億円か。
 
お金をかけて調達、ピカピカにメンテされている国土防衛の要。
格好いいですねぇ。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿