Adsense

2015年10月22日木曜日

鯵の炒りさんが丼、茶漬けにすると超美味

ヘリコプターフェスティバル、面白かった〜。
 
全て観終わったのが13:00前、お腹が空いたような空かないような微妙な状況です。
でも今食べておかないと、夕食までもたないだろうなと。
 
会場の屋台村にもお店がありますけど、特にこれといったものはなし。
せっかく館山まで来たんだから、何か館山らしいものも食べてから帰るか。
 
向かった先は道の駅とみうら。
ここはいつも枇杷倶楽部しか寄らないですけど、隣のとみうらマートの2階に食堂があったなと。
 
記憶は正しくて、「魚々工房」という店がありました。
他にも「ラーメン未来」、「寿司満 マート店」も併設されていて、小さなフードコートのようになっています。
 
今回注文したのは、鯵の炒りさんが丼、850円。
 
「さんが」というのはナメロウを焼いたもの。
それを炒るというのはどういうことだろう、と若干疑問だったんです。
 
実物を見てみると、要は鯵のそぼろですね。
自分で釣ったイナダなんかでも、骨周りに身が大量に残ったりすると、スプーンで掻き出してそぼろにすることがあるんです。
 
その鯵バージョンということで、これは美味しくない訳がない。
 
まずはそのまま掻き込んでみることに。
 
うん、鯵は薄味に仕上がっていて、それでもしっかりと旨味とコクがあります。
ご飯との相性がよく、少々お腹が張っていてもスイスイと箸が進んでしまう美味しさ。
 
そして途中から、山葵と三ッ葉を入れて、出汁をかけてお茶漬けに。
これがまた堪らない美味さなんですよね。
 
出汁で旨味が強調されて、三ッ葉の青い風味、山葵のツンとくる辛さが味を引き締めてくれます。
ご飯と鯵のそぼろが口の中に残ると、いつまでも続きそうな甘味と旨味がはっきり。
 
う〜ん、これは思わず頷いてしまう味です。
 
もう少し早め、ご飯と鯵が残っている時からお茶漬けにした方が良かったかな。
いや、普通に食べても美味しいんだよな。
 
 
出汁を入れるタイミングに悩む一品、これはお勧めです。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿