Adsense

2015年9月4日金曜日

強烈なボリューム、南風荘のしゃぶしゃぶ御膳

再び箱根の記事に戻ってと。
 
 
ホテル南風荘の夕食、これが凄かったんですよ。
今回の宿泊プランでは5種類から選べたんですけど、初日が和食だったのでしゃぶしゃぶにしてみました。
 
高級な肉は期待せず、そこそこお腹一杯になれればという意図だったんですけどね。
 
まずは食前酒の柚子酒。
 
そして先付は抹茶胡麻豆腐です。
味に特筆すべきところは無し。
 
そしてお造り。
メインの鉢鮪は脂がのっていて美味。
前日のなだ万殿より遥かにレベルが高いです。
 
反時計回りに、鰤の腹身、スズキに甘海老に真鯛。
いずれも新鮮で美味しい刺身でした。
 
肉は想像通りというか、想像より少しいいレベル。
脂の塊を取り除きながらたべると、お腹にも溜まりすぎず美味しくクリアできました。
 
野菜もすんごい量。
これはさすがに食べきれずでしたけど、普通に美味しい野菜です。
 
ゴマだれを絡めた牛肉、家で食べてるものよりいい肉じゃないかなと。
 
そして驚いたのが、中皿として鰻の蒲焼きまで出てきたこと。
これがすんごく腹に効くんですよ。
 
鰻だけでは味が濃いので、ご飯を貰うことに。
 
ご飯には、渡り蟹の味噌汁付き。
この味噌汁もいい出汁が出ていて美味でした。
 
ご飯に鰻を乗せてと。
鰻もふっくらフワフワでなかなかの仕上がり。
 
しゃぶしゃぶと一緒じゃなければ、もっと美味しく食べられただろうに。
結局、しゃぶしゃぶについていたうどんは諦めてデザートに突入です。
 
フルーツは美味しかったけど、チョコレートムースが塩っぱい気がしたのは、いろいろなものを食べ過ぎたせいかもしれないです。
 
 
いや〜、凄い量だった。
さすがは昭和の温泉ホテル、この豪快さに満足でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿