Adsense

2015年8月17日月曜日

箱根旅行の始まり、まさカリーコロッケから

お盆休みに行った箱根旅行の記事をシリーズもので。
結構数が多いので、気長にお付き合い頂ければと思います。
 
まずは初日。
前日まで帯状疱疹の熱が続いていたので不安だったんですけど、朝6:00に目覚めた時には特に異常なし。
左肩が日焼けしたように痛いものの、その程度なら車の運転も問題ないレベルでした。
 
 
7:00に家を出て、東名高速の渋滞前に…
ところがどっこい、世の中そうは甘くなかった。
湾岸高速の大井手前で15分ほど、保土ヶ谷バイパスの東名高速入り口のところで20分ほどロスしてしまいました。
 
海老名サービスエリアで何か食べようという目論みも、やはりこの時間だと駐車場もいっぱい。
というか、駐車場に空きはあっても、入り口が大渋滞で入るのに一苦労です。
 
仕方ない。
諦めて、次の中井サービスエリアで何か食べよう。
 
厚木を過ぎてもまだ時々車速が落ちるような状況の中、中井サービスエリアに着いたのは9:30過ぎ。
 
さて、何を食べよう。
なんて迷う余地もなく、食べ物屋さんは少ないんですよね。
 
パッと目に付いたのは「まさカリーコロッケ」。
鉞(まさかり)は金太郎に因んで、カリーはカレーか。
要はカレーコロッケね。
 
値段も150円と安く、軽く食べるにゃ丁度いい一品です。
 
で、お味の方はと。
 
外はサクッ、中は柔らかめのポテト。
カレーど真ん中に寄せてあって、カレーは上品に香る程度です。
 
それよりも特徴的なのはゴボウが入っていることで、シャキッとした食感がコロッケとは別のものを食べている印象を与えてくれます。
 
騒ぐほど美味いものではないにせよ、小腹を満たすにはいい一品でした。
 
 
のんびりすればする程、渋滞は酷くなる一方でしょう。
「まさカリーコロッケ」を食べたら、とっとと箱根を目指すことに。
 
さてさて、2泊3日の箱根旅行、始まり、始まり。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿