Adsense

2015年7月18日土曜日

九十九里の味覚たっぷり、さんぶNo.1グランプリ

航空科学博物館から見下ろしていた「さんぶNo.1グランプリ」の会場に。

お〜、店が20もあると、何を食べるか迷いますね。
 
このイベントのシステム、まずは900円を払って3枚綴りのチケットを買います。
 
各お店にはチケットと交換できる品物が並んでいて、こので3つを選んで食べる。
そして最も美味しかったところに、チケット上部の投票券で投票する。
 
3枚綴りだけでなく、5枚綴り1,400円なんていうパターンも用意しておいてくれるとなお良し、という気がします。
全制覇したい強者には、3枚綴りだけでは中途半端ですからね。
 
まず最初に目に入ったのは、さんさん味工房の米粉担々麺。
エスニックなビーフンとは違う味わい方が美味しそうだなと。
 
米粉麺の上に挽肉と牛肉、刻んだトマトを乗せて、白髪葱に辛いソース。
家庭でもできそうなシンプルな素材です。
 
一口食べて、う〜ん、これは美味い。
トマトのさっぱりとした酸味、肉のコッテリとした旨味が絶妙です。
脂身の若干多い牛肉の方がこの味に合うのかな。
 
お次は炭火焼鳥 御嘉家゛(おかげ)のはまぐり餃子。
九十九里といえば蛤、餃子にも合うこと間違いなし。
 
と、思って口に放り込んだんですけどね。
 
はふはふ、はふい(熱い)なぁ
はまふりはほほに(蛤はどこに)…
 
お、あった。
小ぶりの蛤が丸ごと一つがそのまま入っいます。
 
噛むと旨味がジュワッ。
うん、確かに美味い!
 
でも、蛤をミンチして、餃子の具に混ぜ込んだ方がもっと美味しいんじゃないかな。
存在感は薄れますけど、具に馴染ませると旨味が均一になるはず。
比較して食べてみたいです。
 
〆はさっぱりしたいなと、中村製麺所の冷やしそば in さんぶの野菜をチョイス。
 
蕎麦に胡瓜と葱、その上にとろろ芋というだけのシンプルな一品です。
とろろ芋は真空パックものですけど、胡瓜や葱は地の物なんでしょう。
甘みがあっていい味。
 
でも、蕎麦には個性が無いんですよね。
不味くはないんですけど、一言で表すと駅蕎麦みたいな味。
まぁ300円だから正にそのまんまか。
 
 
結局は、一番最初に食べた米粉担々麺がベストでした。
他の店のも食べてみたかったな〜
 
来年のさんぶNo.1グランプリに期待です。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿