Adsense

2015年6月6日土曜日

小岩菖蒲園、堀切に負けず劣らず

堀切菖蒲園からの帰路、京成線の江戸川駅で下車してと。

京成線の駅はシンプルなんですけど、この江戸川駅は輪を掛けて殺風景です。
菖蒲の季節以外は人が来ない…とまで言うと言い過ぎか。
 
堀切菖蒲園よりも1週間早くイベントが始まっていて、こちらは車でも来やすいせいか人の数も若干多い様子。
 
菖蒲エリアは堀切よりも狭いですけど、河川敷で広々としているので窮屈感がないのがいいところです。
 
菖蒲の花は堀切に負けず劣らず。
これは「桜獅子」という伊勢系の種。
 
「スティップルド・リップルス」。
アメリカ系の品種はこちらの方が綺麗に咲いていました。
 
「連休白」という江戸系。
 
「湊花の薫」というのは肥後系。
紫が鮮やかですね。
 
ここ小岩菖蒲園は睡蓮も咲いています。
そういう意味では堀切よりも面白い。
 
天然記念物のムジナモという水性の食虫植物もここには置いてありました。
根がないので、洪水が起こると流されてしまうそうです。
 
時々、鉄橋を京成線が通過していくのもまた風情です。
 
菖蒲の密度は堀切に譲りますけど、小さい子連れでも楽しめるのが小岩菖蒲園といえるでしょう。
 
かなり暑い日でしたけど、橋の上は涼しい風が通って気分がいいだろう。
 
市川駅まで歩くことにして、途中で見かけたのがこれ、プリティ長嶋の選挙事務所かな。
最近顔を見ないですけど、彼も市議会議員として活躍しているんでしょうね。
 
 
来年の菖蒲は堀切にするか小岩にするか。
どちらも捨てがたいですね。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿