Adsense

2015年5月5日火曜日

東北新幹線をタイムシフト連写!

とある平日。
とある用事があって、14:00発22:00戻りで宮城県までを往復することに。
 
仙台より少々先なので、こんなスケジュールじゃ無理だろうと思いきや、さすがは新幹線。
片道3時間かからずなので、それほど苦もなく往復することができました。
 
 
東北新幹線って、様々な名前がありますよね。
東海道は乗る機会も多く、のぞみ、ひかり、こだまは親しんだ名前。
方や東北は、はやぶさ、はやて、やまびこ、なすのの4種があって、どれが早いのかどの駅に停まるのかをよく調べないと危険です。
 
まずは行きに乗ったやまびこE2系。
 
そして帰りは仙台までが行きと同じやまびこE2系、仙台で乗り換えて、東京までは最も早いはやぶさE5系に乗ってきました。
 
はやぶさはこまちと連結しているやつだったので、本当はこまちも撮りたかったんですけどね。
 
帰りはそれなりに疲れていたのと、カメラも一眼レフではなくスマホのZ3C。
夜だったし、粘っても大した写真を撮れないだろうと諦めました。
 
 
そうそう、Z3Cのカメラには、「タイムシフト連写」というモードがあるんです。
これで撮ると、シャッターを押す前後1秒ずつが全て記録されています。
 
30コマ/秒が2秒で60コマ。
シャッターを押した瞬間の1コマを加えて計61コマ。
 
アニメーションJIFにするとこんな感じ

30コマもあると動きが滑らか…
ん?よく考えてみれば、非圧縮の静止画の連続というだけなので、滑らかなのは当たり前か。

一つ注意点は、シャッターを押す前の1秒も記録されるているということ。シャッターを押してから後の画像が記録されるという感覚に慣れているので、ついつい早めにシャッターを押してしまうんですよね。

画質がちょっと粗いのが難点ですけど、61コマの中から最もいいショットを選ぶことができるので、動きモノを撮るときは便利です。
 

駆け足で行って帰ってきただけですけど、駅で購入できた冷凍の牛タン。
薄くて柔らかくて、上品な塩味が美味でした。
 
本当は現地の店で食べたかったんですけどね。
まぁゆっくりと旅行にでも行く機会の楽しみにとっておきましょう。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿