Adsense

2015年4月28日火曜日

人形町といえば、定番の人形焼き

人形町のお土産、重盛永信堂の人形焼き。
 
重盛永信堂といえば、昭和の初めからこの地に店を構える有名店ですね。
多い時には日に1万個も売れるそうで、東京土産としても超メジャー。
 
魚のような形をしたのは白こしあん入りの登り鮎。
そうだ、関係ないけど鮎の溯上はゴールデンウィーク前後、もうすぐですね。
 
しっかりと品の良い甘味がダイレクトに伝わってきます。
皮の香ばしさもあり、味が濃いなという印象。
 
 
普通の人形焼きの方は黒こしあん。
 
食べてまずわかるのがギッシリ詰まったあんこ。
小さい割にはボリューム感があります。
あんこには塩味もしっかりなので、甘さは若干控えめな感覚。
 
皮も薄めなので、登り鮎ほどは香ばしさを感じず。
 
 
うん、人形焼きの美味しさの真髄ここにあり。
なるほど、これは道理で売れる訳です。
 
機会があったら、また食べたい一品でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿