Adsense

2015年4月13日月曜日

新宿御苑、綺麗な花がいっぱい

以前書いたように、新宿御苑に来たのは花見のため。
桜以外にも綺麗な花があったので、せっかくだからこの記事にまとめて書いておきます。

まずは大温室内にあったカトレヤ・スキンネリー ‘ハイチ ヤコブ’。
新宿御苑の大温室には、この手の艶やかな花が多いんですよね。
 
オオオニバス、葉っぱがデカいので有名なやつですね。
花は真っ白、以外に可憐な印象。
 
タコノキの名前の由来は、この実がタコの卵のようだからなのかと思いきや、根元から出る気根がタコの足に似ているからなんだとか。
 
ミッキーマウスノキ。
 
ミッキーマウスに全然似てないじゃんと思ったんですけど、ネットで調べると、確かにアニメのネズミに見える角度があるんです。
もう少し熟したタイミングで行けば、もしかしてそんな姿に出会えるかも。
 
紅ゲンペイカズラも綺麗に咲いてましたけど、赤白ならではの源平カズラなのに、赤一色じゃ源平じゃないじゃないのかなと。
 
ウツボカズラ、食虫植物の代表ですね。
パン屑でも投げ込んでみたくなる誘惑…
 
温室から出て、新宿門の近くに。
 
すると何じゃこりゃ。
海ブドウの木かと思いましたけど、説明を見るとハチジョウキブシというんだとか。
 
へ〜、モミジにも実がなるんですね。
紅葉以外の季節に注目したのは初めて。
 
ハクモクレンはちょっと季節が過ぎてしまいましたかね。
まだまだ花は多数あったものの、茶色いぶぶんが目立つようになってしまったのはちょっと残念。
 
代わりと言っては変ですけど、シデコブシの花は見頃でした。
 
季節ごと、見頃の花が多数ある新宿御苑はいつ行っても楽しいものですね。
また別の季節に、別の風景を求めて行ってみることにします。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿