Adsense

2015年3月23日月曜日

シーズンに備えてボートのメンテナンス

昨年はサボってしまったボートのオイル交換、今年はやらなければと、3月初めの土曜日に行ってきました。
昨年11月から仕事が忙しくなったのと、クレーン工事で予約が必要になったのとで出航しておらず。 久々のエンジン起動だったので、そもそも始動するかすら不安な状況でした。 かかってくれよと念じてと。 キュンキュンキュン (お、バッテリーは大丈夫だ) ブブン~ カラカラカラカラ… お~、全く問題なし、さすがはボルボのエンジンですね。 しばらくエンジンを動かして、オイルを温めて粘度を上げます。 そうしないと、ポンプでバキュームした時に吸い上がりが悪くなってしまうんですよね。
5分程経過すると、冷却水の温度も少し上昇。 これならエンジンオイルの粘度も上がったでしょう。 よし、ポンプをセットしてと。 吸い上げを開始すると… お、きたきた。 真っ黒になったオイルがポンプに溜まっていきます。 1回ではポンプの容量が足りず。 2回目の1/4程のところで、ポンプから空気音がしてきます。 よし、とりあえず、上からの吸い上げは完了。
続けてオイルフィルターを外してと。 これを外すと、更にオイルが1リットル以上出てくるんですよね。 下にオイル廃棄箱を置いての作業でしたけど、微妙に船底に零してしまいました。 この手の作業をする時は注意しているんですけどね。 物理的なスペースが限られているので、なかなか難しいものです。
新しいオイルフィルターを装着してと。 さて、これで新しいオイルを入れる準備完了です。
オイルを注ぐ時は、交換したフィルター周りからの漏れがないかを確認してと。 今回もどうやら大丈夫、オイルゲージを確認しながら、全部で8リットル程を注入です。
今回はエアーフィルターも交換。 こちらは3分程度で完了する簡単な作業です。
古いフィルターと新しいのとを並べて比較。 なんやかんやで結構汚れるものですね。
全ての作業を終えて、さて再びエンジンを始動。 油圧問題なし、冷却水も問題なし… と思ったら、水温計が脱落してしまいました。 パネルを外して確認してみると、プラステックの部品が欠けてメーターが外れやすくなっていました。 まぁこんなところ、滅多に触るものでもないのでこのままでも問題ないや。 さぁて、これでメンテナンスは終了。 今年も海を楽しもう。 テンションが上がる作業でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿