Adsense

2015年3月13日金曜日

びわソフト、変わらぬ美味しさに舌鼓

館山に来たらこれを食べないと、というのは、道の駅とみうら枇杷倶楽部のびわソフト。
一昨年の10月に食べて以来、久々に味わうことができました。

道の駅とみうらに到着したのはもう夕方。
本当はもう少し早く到着したかったのは、17:00を過ぎるとアクアラインの渋滞が始まるからなんですよね。
 
びわソフトを食べる前にネットで調べてみると…
うわっ、既に始まっているぞ。
 
しかも渋滞予測よりも長い距離なので、対応策を考えないと。
まぁいいや、とりあえず、びわソフトを味わうことにしましょう。
 
一つ400円だったか。
通常のソフトクリームよりも高いんですけど、ここのが美味いんですよね。
 
早速一口…
うん、これだ。
 
枇杷って、主張の少ない品のいい味ですよね。
微かな酸味にほのかな甘味、でも明確に枇杷として認識できる独特の風味。
 
枇杷の風味を強調しようとすると、枇杷ではない味になってしまう。
あの品のいい風味を微かに再現しようという意図なのか、枇杷っぽさがあまりないことがかえって枇杷っぽい雰囲気を出してくれているんです。
 
後味のさっぱり感もしっかり出ていて、さすがは枇杷倶楽部の味。
美味しく頂けました。
 
そうそう、ここで食べた枇杷カレーも美味しかったんだよな~…
な~んてことを考えている場合じゃない。
 
今そこにある危機、アクアラインの渋滞に突入するかどうかが大事なんでした。
調べてみると、渋滞は時間が遅くなれば解消するとのこと。
 
 
よし、だったら夕食を済ませてからアクアラインを渡ろう。
館山から木更津に走る途中で夕食を食べられるところはと。
そうだ、富津にしよう。
 
穴子は季節じゃないけど、富津ならば何か美味しいものがあるでしょう。
さ~て、何を食べようかな。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿