Adsense

2015年1月18日日曜日

京町居酒屋にて、開けてびっくり玉手箱

名古屋旅行3日目の記事に入る前に、先週行ってきた「京町個室居酒屋はんなり邸 八重洲店」について書いておきます。
 
八重洲で飲むなんて久々のこと。
ネットで電車の経路を調べたら、メトロの日本橋駅も近いんですね。
 
このお店、入り口は目立たず、2回ほど通り過ぎてようやく発見。
店内に入っても、個室で仕切られていてでお客さんの姿も店員の姿も見えず。
でも隠れ家的という表現は当てはまらないのは、70席と店舗の規模が小さいせいでしょう。
 
今回はコース料理。
先付の小鉢、ポテトサラダときて、次の一品がこれ。
 
店員さんは「玉手箱」と言ってました。
 
中味は活造り3種なんですけどね。
単純なドライアイスの煙ながら、こういった出し方はなかなか面白いんではないでしょうか。
 
 
焼き物で厚揚げ豆腐、揚げ物のカキフライときて、メインはこれ。
モツ鍋ですね。
 
薄味で美味なんですけど、考えてみればモツ鍋って九州じゃなかったっけ。
振り返ってみると、ポテトサラダ、厚揚げ豆腐にカキフライと、いずれも京都の料理という訳じゃないですよね。
 
何で「京町」なのかと調べると、素材が京都なんですね。
京芋、京セリに久美浜産のカキ。
刺身は京都とは無縁なので玉手箱、このお店なりに工夫しているんでしょうね。
 
最後は抹茶蕎麦で〆。
 
料理は美味しかったし、値段も手頃で個室でゆったり。
まぁ悪くないお店でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿