Adsense

2014年12月15日月曜日

今年最後の紅葉を養老渓谷にて

12月2週目の週末。

日曜日も天気が良かったので、これは紅葉狩り今年最後のチャンス。
養老渓谷に行ってみることにしました。

本当は粟又の滝近辺、滝めぐり遊歩道にと思っていたんですけど、ネットで調べたら土砂崩れの影響で閉鎖されているとのこと。
中瀬遊歩道には昨年行ったし、それじゃ今回は梅ヶ瀬渓谷に行ってみよう。

朝7時前に家を出たのは、京葉道の宮野木近辺と養老渓谷の渋滞を避けるため。
予定通り9:00前に着いたところまでは良かったんですけどね。
山間のせいで間近でナビが狂ってしまい、梅ヶ瀬渓谷もわからず、駐車場もわからず。

取り敢えず無料駐車場を発見!
 
奥にお墓があったりして怪しさたっぷりですけど、わからないところを車でウロウロするよりはマシ。
ここに車を停めて、看板を頼りに歩いてみることにしました。
 
房総半島とはいえ、朝方は冷え込むんですよね。
車の外気温計もマイナス表示だったし、道端の草も凍っています。
 
朝日に照らされる紅葉。
周囲が暗いだけに色が引き立ちます。
 
20分程歩いて、ようやく梅ヶ瀬渓谷の入り口に到着。
 
何のことはない。
一度引き返した道の先に駐車場があって、入り口はそのすぐ先でした。
まぁ500円の駐車料金を節約できましたけどね。
 
渓谷には入っていくと、比較的なだらかなハイキングコースが続いています。
 
川沿い、森林の中を歩くので何とも清々しい。
東京から車で1時間半弱、こんなに豊かな自然に囲まれることができるなんて。
 
川の岩には所々穴が空いています。
一体どういう理屈でこんな穴ができるんでしょうね。
 
地層バリバリの岩肌がむき出し。
人の手で削ったものではないので、考えてみれば不思議な風景ですよね。
 
ハイキングコースは何度も川を渡る場所があります。
石を渡っていくので、気をつけないと濡れてしまうんですよね。
 
そういえば子供の頃、石を渡り損ねて川に片足を落としたのを思い出します。
 
日高邸跡ともみじ谷との三叉路まで40分強。
そこからもみじ谷に向かうと、いきなり急な坂が続きます。
 
息を切らしながら登っていくと、まぁ綺麗には綺麗なんですけど…
イメージしていた一面の紅葉とはちょっと違う。
そもそも今年の紅葉は、赤く色付く前に散ってしまったような感があります。
 
これ以上登っても絶景は期待できそうにない。
仕方ない、来た道を引き返すことに。
 
帰り道、川をよくみると、むしろこっちの方が色とりどりの紅葉じゃないかなと。
天の川の星みたいですね。
 
崖の上の紅葉を撮って、最も色付きが良かったのはこの写真ですかね。
どちらかというと、空の蒼さが目立つのはまぁご容赦。
 
再び駐車場まで歩く途中、道端には落葉の層。
この季節だと、地層だけでなく紅葉の層も美しいですね。
 
この梅ヶ瀬渓谷、紅葉の季節だけでなく、森林浴を楽しみたい時にはいい場所じゃないかと思います。
また何か機会があれば、癒されに行ってみようかなと。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿