Adsense

2014年11月30日日曜日

最高の眺望、最高のフランス料理

3連休中日の日曜日…
ってことはちょうど一週間前ですね。
 
この日は頼まれカメラマンで、親戚の会合を撮影です。
 
場所は東京ミッドタウン、ザ・リッツ・カールトン東京の45階、「Azure45」というフランス料理店。
普段は口にすることなんてまず無いような高級フランス料理です。
 
陽当たりも眺めも最高、店の最奥の個室。
 
乾杯用のシャンパン、ホテルのラベル付き、香りが良くて泡のきめ細やかな美味しい一品でした。
 
まず一品目、何とかのシフォンケーキ、黒胡椒の何とか、ガレットに生ハムが入ったやつ。
料理の名前の記憶がいい加減なのは、お品書きに書いてなかったからなんです。
 
和食の先付けみたいな感じで、この後の料理を期待させてくれます。
和と違って、ちょっと濃い目でインパクトのある味。
 
えーと、お品書きによると。
「秋刀魚の冷たいヴルーテ 鮮魚のマリネ 季節のレギューム」
 
ヴルーテ? レギューム?
一体なんじゃ…
 
よくわかりませんけど、ごくごく軽く味付けしてあるマグロ(鮮魚のマリネ)をサンマの摩り下ろしソース(秋刀魚の冷たいヴルーテ)をくぐらせて食べる、というもの。
例えて言うならバーニャカウダみたいな感じですかね。
ソースがいい味なので、パンにつけて全て食べてしまいました。
 
 
「フォアグラのポワレ バンビデス風味 モンブラン仕立てのテリーヌと共に」
バンビデスって…いちいちわからない言葉。
 
まぁ表面をカリッと焼いた美味なフォアグラと、モンブランの下にもフォアグラ風味のテリーヌ。
これもまた極めていい味です。
 
「ラングスティーヌ タンドリー風 オルゾリゾットとヴィネガーの泡」
ラングスティーヌというのは、お店の人は車海老と言っていましたけど、どうやら手長海老の一種みたいです。
 
その海老の上にタンドリー風味のソースが乗っていて、下にはリゾット。
泡には甘味と酸味。
海老がプリッと旨味があってこれは美味しかった。
 
「山口県萩産本日の特選鮮魚 その日のスタイルで」となっていましたけど…
抹茶の風味がついているヒラメのムニエルです。
 
程よい焼き加減でフワッフワのヒラメ。
さすがの味ですねぇ。
 
「ヴュルゴーのルーアン鴨胸肉のロースト ミルティーユヴィネガーソース シードルヴィネガーのアクセント」
 
鴨肉のローストとヴィネガーぐらいしかわかりませんけど、ソースはブルーベリー風味とのこと。
甘酸っぱさが鴨肉の脂っこさを中和してくれてこれもいい味。
 
これもお品書きには無いゼリー。
酸味が素晴らしく美味。
 
「抹茶のクリームブリュレ 塩ココナッツのグラス、黒ゴマのテュイルと共に」
塩ココナッツは何処に?
まぁいいか。
 
あっ、メッセージプレートに二人の名前が書いてあるけど… 知っている人以外にはわからないだろうからまぁいいか。
 
ん、まぁいいかの連発ですね。
 
そしてまたデザートのお菓子。
甘いものの品数が多すぎでしょと思いますけど、いい風味のものばかりなので飽きないんですよ。
 
最後に外の眺め。
東京にあるレストランでは最高地点にあるとのことで、ご覧の通り素晴らしい眺め。
 
こんな風景を見ながらの最高のフランス料理。
至福のひと時でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿